重度歯周病 治療の流れ

重度の歯周病は歯を支えている骨が大きく吸収し、全くない場合もあります。全くない場合は歯を残せません。また、歯の揺れも大きくかみ合わせが大きく変化しています。

 

重度の歯周病の場合も中程度の歯周病と同じで、 検査の後、最初初期治療と言って、歯石を取ったり、歯の揺れを固定して止めたり、虫歯の治療をしたり、歯ブラシの確認をしたりします。初期治療では、歯周病以外の歯周病を悪化させる原因を取り除きます。一番重要なのは歯ブラシでしっかりと磨けるようになることです。通常1~2か月かかります。

 

その後、再評価と言って再度検査をいたします。検査の結果を踏まえて治療プランを何通りかお作りして、どうするか患者様に決めていただきます。

 

重度の歯周病の場合、かみ合わせを安定させることも重要になります。

 

 

一般的な治療の流れ

歯周病治療をする場合、効果的な治療をするには治療の順番を守る必要があります。歯周病が進行している場合は次のような治療の流れが一般的です。もちろん選択するのは患者様です。

 

  1. 歯周治療の患者様の生活習慣や状況の確認
  2. 検査
  3. 診断と治療計画の立案
  4. 歯周基本治療
  5. 再評価
  6. 歯周外科治療 
  7. 再評価
  8. メンテナンス

となります。

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP