初期の歯周病 治療の流れ

初期の歯周病では、歯を支えている骨の吸収はないかわずかです。通常、歯ブラシの磨き残しが減り、歯茎の上にある歯石をお取りすると歯周病は改善されます。

 

歯周ポケットが3ミリ以下で出血する部位がほとんどなくなれば治療は終了です。

 

後は、歯周病が再発しないように定期的にお掃除にお越しください。

 

来院する間隔は、歯ブラシの磨き残しを染めて確認し、その状況によってメンテナンスの期間を決めます。通常3か月間隔が良いと思います。

初期の歯周病を悪くさせない事が重要です。

歯周病が初期という事は、何らかの原因で歯周病が始まる可能性があるという事になります。歯ブラシの仕方が悪かったり,不規則な生活などで免疫力が低下してしまっていたり,何らかの原因によって,歯茎の最近に対するバリヤーが破れてしまった状態になったという事になります。

 

そのため,歯周病になった事が無い方と歯周病が進行した経験のある方では、歯周病を経験された方の方が、歯周病のリスクが高いと考えています。

 

歯周病が初期の状態でしたらその状態を維持する事はそれほど難しい事ではありません。ご自身の歯ブラシを歯科医院で説明された通りに行う事と、定期的な歯科医院での蓄積された歯石などの汚れの除去を行う事でしっかりと歯周病の進行を予防する事をお勧めします。

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP