歯並びの悪い方は歯茎が下がりやすい事が多いです.

歯並びが悪い場合、飛び出している歯の周囲を支えている骨の厚みが薄いため、歯茎が下がりやすい事が知られています.

 

そのため,歯並びの悪い方は特に歯ブラシの強さと歯ブラシの毛先の固さに気をつける必要があります.

 

歯ブラシの強さは優しめに、ゴシゴシこすらないようにします.また、歯ブラシの毛先は柔らかいものか普通にしてください.毛先が柔らかいものはすぐに磨けなくなりますので、数週間ごとに交換する事になります。

 

 

歯並びの悪い方の歯茎が退縮したケースの治療

歯並びが悪い方の歯茎が退縮したため,歯茎の再生治療を行い、歯茎を回復しました.

歯並びの悪い典型的なケースに犬歯が外側に並んでいる八重歯の歯並びがあります。八重歯の歯並びの場合、犬歯を中心に歯茎が下がってしまうことがあります。歯並びが悪いため歯ブラシを強く磨きすぎてしまう場合や、必要以上に長時間歯ブラシをしてしまうことも原因の一つでしょうが、歯を支えている骨が薄いことが一番の要因だと考えられます。

歯並びが悪い場合は歯茎の再生治療が少し難しくなります。技術的に難しくなりますので、再生治療を2回に分けて行うケースもあります。このお写真のケースでは1回の再生治療できれいに歯茎が回復しました。

歯並び・かみ合わせが原因の一つと考えられる歯茎の退縮ケース

歯並びと歯茎の退縮 治療前
歯並びと歯茎の退縮 治療前

下の歯と上の歯がぶつかりやすい歯並びとなっています.こういったケースでは、良い噛み合わせとなるように矯正治療をする事をお勧めしております.歯の先端と先端がぶつかってしまっている部分や歯ぎしりで歯がすり減ってしまっていることから、上の前歯が歯ぎしりすると揺れるのを感じました。こういったケースでは歯茎の再生治療の予後をよくするためにもナイトガードを使用するとか矯正治療を行うなどかむ力を分散させる対策を取る必要があると思われます。


今回のケースでは、歯茎の退縮の治療のみを行いました.

歯並びと歯茎の退縮 治療後
歯並びと歯茎の退縮 治療後

下がった歯茎を歯茎の再生治療にて元の状態に回復させた以上に、歯茎の厚みを増やしたため,今後の歯茎の退縮を予防する事ができます.

上の歯の歯の長さが短くなったように見えるかもしれません。


かみ合わせの治療を行っていませんので、今後の経過を慎重に見ていく必要があります。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839                 03−3251−3921

歯並びと歯茎の再生に関するBlog

2017年

3月

19日

歯茎の再生治療を当日希望される方の注意

歯茎の再生治療は、通常しっかりとした検査を行った上で行うのが良いのですが、遠方からご来院の方に対して、なるべく回数を少なくするように工夫して治療を行っております。

 

ただ、そのためには、あらかじめ歯の状態をご連絡していただく必要があります。ご来院前に歯や歯茎の状況を確認した上でお越しいただかないと治療ができないということになってしまう場合も出てきてしまいます。

 

たとえば、お写真のように差し歯の歯茎が下がってしまっている場合は、場合によっては差し歯を仮歯に変えた状態でないと歯茎の再生治療が行えません。あらかじめ歯や歯茎の状況を確認しておくことが必要になります。

 

短期間での治療を希望される方は、メールでのやり取りが必要ですのでよろしくお願いいたします。

 

詳しくは、1回の来院で歯茎の再生治療を希望される方へのページをご覧ください。

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

13日

矯正治療前に歯茎を増やす必要のあるケース

矯正治療を行うと歯茎が下がってしまう場合があります。

すでに歯茎が下がり始めてしまっている場合は、矯正治療前に歯茎が下がらないようにしないと、矯正治療後には歯茎が下がってしまって、長い歯になってしまいます。

特に成人の方の矯正治療を行う際には歯茎が下がりにくいようにして矯正治療を行うことをお勧めしております。

具体的には歯茎の再生治療や増骨矯正法で歯茎の厚みを厚くしてから矯正治療を行います。

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

07日

下の前歯は歯茎が下がりやすい部分です。

歯茎が退縮してしまったというご相談を頂く場合、下の前歯の退縮が他の部分に比べて多いようです。

下の前歯の歯茎は非常に下がりやすい部分です。もともと歯茎や骨が薄い部分で歯茎が下がりやすいのですが、歯ブラシをごしごしと力を入れて磨いてしまいやすい場所ですので、歯茎が下がってしまうことが多いようです。

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

26日

歯茎再生を矯正前に行うケース

歯茎が退縮してしまっている方が矯正治療を希望される場合は、矯正治療前に歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております.

歯茎が退縮して歯並びの悪い部分は矯正治療中にさらに歯茎が退縮してしまう事が考えられますので、矯正治療前に歯ぐきの再生治療を行い,矯正治療中に増骨矯正法を行う事をお勧めしております.

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

24日

歯周病の炎症がある場合の歯ぐきの再生治療の流れ

歯茎が下がってしまった場合,歯茎の状態によって治療の流れが変わります.

歯周病が進行してしまっている場合、細菌の感染が起こってしまっております.歯周病で感染のある場合に歯茎が下がってしまっていると、すぐに歯ぐきの再生治療とはならず、歯石を取ったりして歯周病の感染を取り除いてから歯ぐきの再生治療を行う事になります.場合によっては歯周内科治療をお勧めする場合もあります.

歯周病の進行してしまっている方は場合によっては歯を支える骨が吸収してしまっている事があります.こういった場合は、歯茎の再生治療だけでは歯茎が回復しません。骨の再生治療でまず骨を再生させてから歯茎の再生治療となります。こういった場合は治療期間が年単位にかかってしまいます.

歯周病で感染のある方で歯茎が下がってしまった場合、歯茎の再生が難しくなります.歯茎の内部に歯石が付着したままになっていると歯石の周囲に歯周病の細菌が繁殖して歯周病が進行します.

歯周病の進行してしまった場合、歯石をお取りしたり歯周病の進行を止める処置を行うと歯茎が下がっていきます.これは、歯茎の中の歯を支える骨が吸収してしまっているためです.

歯周病の場合は、歯茎の腫れが引いた時点で骨を再生させるなどの方法をおとりしています.

歯周病治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

歯周病のページ

 

歯周病が進行してしまっている方に関しては、通常通りの歯周病治療の流れになります。歯周病治療の項目をご参考になさってください。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

続きを読む 0 コメント

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP