傷跡の残らない歯茎の再生治療とは?

歯茎の再生治療をされた方の問題として、歯茎の再生治療後の歯茎の見た目が悪い、場合によっては歯茎に切った跡が残ってしまっているということがあります。

これは単純に歯茎を切った跡が残る手術方法を選択したり、綺麗に歯茎を縫えていないなど腕の悪さが原因となる場合が多いようです。また、術式や、腕が悪いと歯茎の再生量が十分できないこともあります。

特に前歯の歯茎の下がってしまった場合は単に歯茎が回復するだけでなく、綺麗な歯茎ができないと見た目に満足できない場合があるようです。

歯茎の見た目のトラブルを起こさないためには、拡大鏡などしっかりと細かい部分に気をつけて歯茎に傷をつけないように処置を行うことと、歯茎を目立つように切らない比較的新しいトンネリング方という術式を行うことが重要になります。

 当院では、歯茎の再生治療を行う際はトンネリングという術式を拡大鏡で気をつけながら行うことで、基本的に歯茎を切る量を最小限にとどめ、歯ぐきの再生治療後の歯茎を傷の無いきれいな歯茎をお作りしております.

きれいな歯ぐきの再生治療 治療ケース

歯茎が下がってしまったケース
歯茎が下がってしまったケース

例えば、お写真のように前歯の歯茎を含めて全体的に歯茎が下がってしまっているケースがあります.まずは前歯から歯ぐきの再生治療を行いたいという事で歯が長く見えて気になる前歯から歯茎の再生治療を行う事になりました.

 

こういったケースでは、下がった歯茎を回復させる事が可能です。ただ、単に歯茎が回復するだけでなく、見た目もきれいな歯茎にする必要があります.

 

切った跡が残ってしまっているような歯ぐきの再生治療を見る事がありますが,前歯の歯茎は笑った時に見えてしまいますので、傷跡が残ってしまっては笑った時に目立ってしまい、何のために見た目を良くしようとしたのかわからなくなってしまいます.

 

こういったケースでは傷が最小限に収まるトンネリングというテクニックで歯ぐきの再生治療を行います.

 

上の前歯のきれいな見た目の歯ぐきの再生治療
上の前歯のきれいな見た目の歯ぐきの再生治療

上の前歯に歯ぐきの再生治療を行いましたが、傷口も見えず、きれいに歯茎が再生しています.お写真で処置後2週間の状態となります.

きれいな歯ぐきの再生治療法 比較写真

きれいな歯ぐきの再生治療 治療前 拡大
きれいな歯ぐきの再生治療 治療前 拡大
きれいな歯ぐきの再生治療 治療後 拡大
きれいな歯ぐきの再生治療 治療後 拡大

歯茎に傷跡が無くきれいに歯ぐきの再生ができています.

きれいな歯ぐきの再生治療 治療前
きれいな歯ぐきの再生治療 上の前歯治療前 
きれいな歯ぐきの再生治療 治療後
きれいな歯ぐきの再生治療 上の前歯治療後

きれいな歯ぐきの再生治療 お問い合わせ

通常、保険外診療を行っている歯科医院ではカウンセリング料が5千円〜高いところで10万円ほどの費用がかかります。当院では、なるべく多くの方に歯茎の再生後の悪い見た目を回復したいので、気軽にカウンセリングを受けられるようカウンセリング料を無料とさせていただいております。(ただいま混雑しており先まで予約を取れない場合もございますので、なるべくお早めにご予約をお取りになることをお勧めしております。)

これから歯茎の再生治療を受けることを考えられている方や、歯茎の再生治療をしたけどうまくいかなかったという方はこの機会に無料カウンセリングをご利用ください。


無料カウンセリング

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839までお電話ください。

メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です


歯茎の再生治療の症例は下記のリンクページにまとめています.クリックしてご覧ください.

歯ぐきの再生治療症例のページ


きれいな歯茎の再生に関するBlog


重度の歯周病で歯茎が下がってしまった場合でも見た目を良くする審美歯科治療

重度の歯周病が進行してしまった時、歯が長く見える、歯が揺れる、歯が移動してしまうといった見た目の問題が起こります。

 

歯周病が進行した時に行う審美歯科治療という方法があります。

 

歯周病が進行してしまうと、歯を残せるかといったことも考えなくてはいけない場合もあります。通常の歯科治療を受けていると歯周病が進行してしまったら、抜けるまでなるべく長持ちさせるだけしか方法がないと感じてしまう方もいらっしゃるようです。

 

今回ご紹介するのは、歯周病が進行してしまっても、歯を抜かずに見た目も回復できるかもしれない方法です。

 

歯周病で、歯の見た目が悪くてお悩みの方はご確認ください。

重度の歯周病の方の見た目と病気を改善する審美歯科治療を行ったケース

あまり知られていない治療法ですが、歯茎の再生治療や骨の再生治療という方法に、オールセラミックでの被せモノをする治療で見た目を改善できる場合があります。

 

すべての方に可能な方法ではないので、しっかりとご確認されてから始められると良いと思います。

続きを読む

審美歯科と歯茎の位置 歯茎の再生で歯並びを良く見せる

歯茎の再生で歯の見た目もよくなります。

 

歯茎が下がってしまうと、歯の長さが長く見えてしまいます.

 

例えば、前歯の差し歯治療を行う場合,歯茎の位置が左右で対称でないために歯の長さが不ぞろいになってしまうことがあります。

 

歯茎の再生治療では、歯ぐきの位置を下げることで歯茎の位置を調整することができます。そのため、歯の長さを左右対称に同じ長さにすることができます。

 

歯の長さが左右対称でないと、歯並びが良くても少し違和感を感じます。

 

歯茎再生と審美歯科の詳しいページ

左右の歯の長さがちがう場合の治療例

前歯の差し歯の長さが左右でちがう
前歯の差し歯の長さが左右でちがう

前歯に差し歯が入っていますが,左右で長さがちがいます.これは歯茎が下がった位置に合わせて差し歯を入れてしまったために起こってしまいました。

 

差し歯の長さをそろえるためには差し歯を交換する事になりますが,歯ぐきの再生治療を行って歯茎の位置を左右でそろえます.

続きを読む

歯周病で見た目が悪くなってしまった方の審美歯科治療

歯周病が進行してしまうと、歯並びが悪くなってきたり、歯茎が下がって歯が長く見えてしまったり、差し歯の境界が黒く見えてきてしまったりと、見た目が悪くなってきてしまいます。

 

健康に問題がないのであれば、そのままでも良いという方もいらっしゃいますが、なるべくきれいにしたいという方の場合は、歯周病の方に合わせた審美歯科治療があります。

 

通常の審美歯科治療では、歯の長さが長いままになりますが、歯茎や骨の再生治療を審美歯科治療と合わせて行うことで、歯の見た目が通常の審美歯科治療を行うよりよく見えるようになります。

 

歯周病で歯の根っこや差し歯の黒い部分が露出してしまった場合どのような治療があるのでしょうか?

歯周病と歯茎の再生と審美歯科
歯周病と歯茎の再生と審美歯科

全体的に歯周病が進行し、骨や歯茎が下がり、見た目が悪くなってしまっています。

 

歯が揺れてしまっている部分や骨の吸収してしまっている部分もあります。

 

 

このように、歯周病で骨や歯茎が失われてしまった場合は、骨と歯茎の再生治療や歯を仮歯などで連結して固定することで歯周病で失われた骨や歯茎の回復を行います。

 

また、下がってしまった歯茎は歯茎の再生治療を行うことで、歯の長さが短く見えるようになります。

続きを読む

インプラントの歯茎の再生は難しい?

インプラントの歯茎は、インプラントの角度や、インプラントの周囲にある骨の状態によって、一旦下がってしまうと再生が難しい場合が多いです。

特にインプラントを前歯の入れる場合は、将来的な歯茎に関しても先生としっかり相談されることをお勧めします。歯茎が下がってしまった時に回復するのは難しい場合が多いためです。

前歯4本の歯茎が下がってしまっています。
前歯4本の歯茎が下がってしまっています。

前歯4本の歯茎が下がってしまっています。

天然の歯3本の歯茎は問題なく回復できそうですが、インプラント部分の歯茎は土台の位置が飛び出してしまっているために難しい状態です。

天然の歯の歯茎は回復しましたが、インプラントの部分はあまり変わりませんでした。
天然の歯の歯茎は回復しましたが、インプラントの部分はあまり変わりませんでした。

天然の歯の歯茎は回復しましたが、インプラントの部分はあまり変わりませんでした。こういったケースでは、インプラントの土台を外して土台の角度から変えていく必要があります。土台をそのままだとさらに難しい状況となります。

 

インプラントの歯茎の再生のページ

続きを読む

差し歯の歯ぐきの再生を行う新しい審美歯科治療

最近、差し歯の歯茎が下がって歯茎が黒くなってしまったという御相談を受ける事があります.

差し歯の歯茎が下がってしまったり、差し歯の長さが左右でちがう場合に、歯ぐきの再生治療を併用する事で見た目を改善する事ができます.

差し歯の形と歯ぐきの再生治療のバランス良くする行う事が従来の審美歯科では行われていませんでした。新しい審美歯科治療では、歯ぐきの再生治療を行う際に差し歯の形を修正して歯茎になじむようにします.

新しい審美歯科治療では歯茎の位置も整えます.

歯茎の再生と審美歯科
歯茎の再生と審美歯科

歯茎の再生治療の特殊な使用法ですが,審美歯科治療といって前歯を差し歯にする治療を行う場合,よりきれいな歯を入れるために歯の長さを左右で整える必要があります。

 

上の写真のように前歯2本の長さが左右でほんの少しちがってしまうケースでは、歯茎の再生治療を行う事で、歯茎のラインを整えて歯の長さを均等にします。

 

細かい作業ですので、精密な歯茎の再生治療が必要になります.

続きを読む