傷跡の残らない歯茎の再生治療とは?

歯茎の再生治療をされた方の問題として、歯茎の再生治療後の歯茎の見た目が悪い、場合によっては歯茎に切った跡が残ってしまっているということがあります。

これは単純に歯茎を切った跡が残る手術方法を選択したり、綺麗に歯茎を縫えていないなど腕の悪さが原因となる場合が多いようです。また、術式や、腕が悪いと歯茎の再生量が十分できないこともあります。

特に前歯の歯茎の下がってしまった場合は単に歯茎が回復するだけでなく、綺麗な歯茎ができないと見た目に満足できない場合があるようです。

歯茎の見た目のトラブルを起こさないためには、拡大鏡などしっかりと細かい部分に気をつけて歯茎に傷をつけないように処置を行うことと、歯茎を目立つように切らない比較的新しいトンネリング方という術式を行うことが重要になります。

 当院では、歯茎の再生治療を行う際はトンネリングという術式を拡大鏡で気をつけながら行うことで、基本的に歯茎を切る量を最小限にとどめ、歯ぐきの再生治療後の歯茎を傷の無いきれいな歯茎をお作りしております.

きれいな歯ぐきの再生治療 治療ケース

歯茎が下がってしまったケース
歯茎が下がってしまったケース

例えば、お写真のように前歯の歯茎を含めて全体的に歯茎が下がってしまっているケースがあります.まずは前歯から歯ぐきの再生治療を行いたいという事で歯が長く見えて気になる前歯から歯茎の再生治療を行う事になりました.

 

こういったケースでは、下がった歯茎を回復させる事が可能です。ただ、単に歯茎が回復するだけでなく、見た目もきれいな歯茎にする必要があります.

 

切った跡が残ってしまっているような歯ぐきの再生治療を見る事がありますが,前歯の歯茎は笑った時に見えてしまいますので、傷跡が残ってしまっては笑った時に目立ってしまい、何のために見た目を良くしようとしたのかわからなくなってしまいます.

 

こういったケースでは傷が最小限に収まるトンネリングというテクニックで歯ぐきの再生治療を行います.

 

上の前歯のきれいな見た目の歯ぐきの再生治療
上の前歯のきれいな見た目の歯ぐきの再生治療

上の前歯に歯ぐきの再生治療を行いましたが、傷口も見えず、きれいに歯茎が再生しています.お写真で処置後2週間の状態となります.

きれいな歯ぐきの再生治療法 比較写真

きれいな歯ぐきの再生治療 治療前 拡大
きれいな歯ぐきの再生治療 治療前 拡大
きれいな歯ぐきの再生治療 治療後 拡大
きれいな歯ぐきの再生治療 治療後 拡大

歯茎に傷跡が無くきれいに歯ぐきの再生ができています.

きれいな歯ぐきの再生治療 治療前
きれいな歯ぐきの再生治療 上の前歯治療前 
きれいな歯ぐきの再生治療 治療後
きれいな歯ぐきの再生治療 上の前歯治療後

きれいな歯ぐきの再生治療 お問い合わせ

通常、保険外診療を行っている歯科医院ではカウンセリング料が5千円〜高いところで10万円ほどの費用がかかります。当院では、なるべく多くの方に歯茎の再生後の悪い見た目を回復したいので、気軽にカウンセリングを受けられるようカウンセリング料を無料とさせていただいております。(ただいま混雑しており先まで予約を取れない場合もございますので、なるべくお早めにご予約をお取りになることをお勧めしております。)

これから歯茎の再生治療を受けることを考えられている方や、歯茎の再生治療をしたけどうまくいかなかったという方はこの機会に無料カウンセリングをご利用ください。


無料カウンセリング

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839までお電話ください。

メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です


歯茎の再生治療の症例は下記のリンクページにまとめています.クリックしてご覧ください.

歯ぐきの再生治療症例のページ


きれいな歯茎の再生に関するBlog


歯ぐきの再生と審美歯科

歯茎が下がって見た目が悪く感じませんか?

 

特に差し歯の歯茎が下がると黒い部分が目立ってしまったりします.そういった場合に歯ぐきの再生治療が見た目の回復に良い場合があります.

 

今回は前歯の見た目を改善する歯ぐきの再生治療に関してのご紹介です.

 


こんな場合に歯ぐきの再生治療は見た目を改善します.

続きを読む

差し歯の歯茎が下がったときの歯ぐきの再生

差し歯の歯茎が下がるってご存知でしょうか?

 

差し歯の治療をされた方の歯茎が下がると歯茎が黒く見えてしまう事があります.これは天然の歯より差し歯の方が歯茎が下がってしまった時に目立つためにおこります.

 

そのため,差し歯の場合は歯茎が下がらないようにしないと見た目の悪い歯になってしまいます.

 

差し歯の歯茎が下がってしまった場合でも歯ぐきの再生治療は可能です。差し歯を外してやり直さなくては行けない場合もありますが,そのまま差し歯を使用したまま治療が可能な場合もあります.

 

歯茎が下がったら御相談下さい。

歯茎の退縮
歯茎の退縮

  

   

審美歯科治療や矯正治療で歯茎が下がることがあります。審美歯科や矯正を行って歯並びが良くなったけど、歯が長くなったという事が起こっています.

 

せっかくきれいな歯並びになったのに、喜びも半減でしょう.歯医者に相談しても歯茎は下がっていないと言われてしまったり、様子を見ましょうと言われたりして、解決方法がわからないという方も多いようです.

 

歯茎が下がる原因は、歯を支えているあごの骨は前歯の部分で特に骨がなく、裂開という歯の根っこがあごの骨から飛び出してしまっている状態であることがよくあります。こういった状態の歯を矯正で移動すると歯茎が下がってしまいます。

 

歯茎を下げないためには骨や歯茎の厚みを足して、矯正中も歯茎の経過をしっかりと観察することが必要です。

 

矯正後に歯茎が下がった部分を元に戻すには歯茎の再生治療を行うことになりますが、歯と歯の間の歯茎を戻すのは限界があります。

 

また、歯周病の進行具合によって歯茎の再生できる範囲が変わってきてしまいます.

 

下がった歯茎は歯茎の再生治療で歯茎を回復させる事が可能です.あまりご存知のない方が多いのは歯茎の再生治療を行っている歯科医院が少ないためです.当院では歯茎の再生治療を通常の歯科治療として行っております.

 

歯茎が下がってしまった方は、無料カウンセリングを行っておりますので、お越しになってはいかがでしょうか。

 

詳しくは歯茎再生の専門ページへ

 

 

続きを読む

差し歯の歯茎が下がってしまったときの治療

差し歯の歯茎が下がってしまって歯茎が黒く見える。

 

そんな時に歯茎を再生させて元の位置に歯茎を戻す方法があります.

 

ただ、差し歯の材質はメタルボンドでもオールセラミックでも良いのですが,適合が悪い差し歯や虫歯になってしまっている差し歯は歯茎の再生と合わせて差し歯の交換をする必要がある場合もあります.

 

差し歯を交換しないで歯ぐきの再生治療を行うケース

差し歯の歯茎が下がって歯の根っこの黒い部分が見えてきてしまったという場合、歯茎の再生法で差し歯の歯茎を回復させることができます。

 

差し歯は交換したくないけど歯茎を何とかしたいという場合に歯茎の再生法は有効な方法です。

 

差し歯を当院で行った場合でなくても、歯茎の再生治療だけを行うことができます。

 

続きを読む

あなたの歯茎が下がってしまった時の治療法

歯茎が下がると見た目が悪い
歯茎が下がってしまって目立ってしまうこともあります。

例えば、歯茎が下がってしまうとこのお写真のように、歯が長くなって、差し歯の場合は差し歯の付け根の黒い部分が露出して見た目が悪くなってしまいます。

 

こういった状態をよく見かけます。ただ、治療方法をご存じない方が多いようです。

治療方法に歯茎の再生治療があります。

下がった歯茎の治療
下がった歯茎の治療

上の前歯だけ歯茎の再生治療を行いました。歯茎の再生治療を行った上で差し歯をオールセラミックに交換しました。

歯茎の再生治療を行うことで、見た目が回復しています。

 

 

差し歯の歯茎は下がると黒くなることが多いです。

続きを読む

長い歯の見た目を審美歯科で治す方の注意

歯茎の再生をしたいけど、どんな感じに治療が進むのか知りたい方へ。

 

歯茎が下がって、見た目が長くなってしまった差し歯の審美歯科治療を希望される方は治療の流れをご確認ください.

 

差し歯の状態によって、差し歯を外さないと行けない場合とそのまま歯ぐきの再生治療を行える場合があります.(炎症を起こしていない健康な状態の差し歯であればそのまま歯ぐきの再生治療を行えます.)

 

審美歯科と歯ぐきの再生の流れ

審美歯科治療と同時に歯茎の再生を考えている方は、治療期間にご注意ください。歯茎の治癒する期間が必要になります。

 

審美歯科治療と歯茎の再生を同時に行う場合、歯茎の再生後安定するまで3ヶ月ほど待たせていただいております。そのため、全体的な治療期間を短くするために、治療の早い段階で歯茎の再生治療を行います。

 

再生治療後の治癒を待っている間に歯の根っこの治療や、周りの歯のホワイトニングなどの治療を進めていただいております。また、奥歯などに虫歯や問題がある場合は、この段階で治療を行うことも可能です。

 

 歯茎が安定してから最終的なオールセラミック治療を行います。

 

また、歯茎が安定するまで期間がかかってしまいますが、治癒を待っている期間には、きれいな仮歯を入れていますので生活にはさほど支障がありません。仮歯で満足される方も多いです。

 

歯茎の再生と審美歯科のページ

 

 

続きを読む