2017年

3月

13日

矯正治療前に歯茎を増やす必要のあるケース

矯正治療を行うと歯茎が下がってしまう場合があります。

すでに歯茎が下がり始めてしまっている場合は、矯正治療前に歯茎が下がらないようにしないと、矯正治療後には歯茎が下がってしまって、長い歯になってしまいます。

特に成人の方の矯正治療を行う際には歯茎が下がりにくいようにして矯正治療を行うことをお勧めしております。

具体的には歯茎の再生治療や増骨矯正法で歯茎の厚みを厚くしてから矯正治療を行います。

歯茎が下がってしまっている方の矯正治療

矯正前に歯茎の治療
矯正前に歯茎の治療

矯正治療で歯茎が下がる事がありますので、特に成人の方が矯正治療を行うのでしたら注意する必要があります.

 

お写真の方のように歯茎が下がってしまっている方の歯並びの治療を矯正治療で行う場合,矯正治療を行う事でさらに歯茎が下がってしまう事が予想されます.

 

矯正治療を行う場合,歯並びの悪いところの歯茎が下がってしまっている事があります.歯茎が薄いために歯茎が下がってしまっているケースがあります.

 

こういったケースで矯正治療を行う場合歯茎がさらに下がってしまう可能性が高いため、矯正治療前に歯茎の移植を伴う歯茎の再生治療を行う事で、矯正治療中の歯茎の下がりを予防します.

 

矯正治療をご検討の方,歯茎が下がってしまわないようにしたいのであれば、ご相談ください.ただいま無料カウンセリングを行っております.

 

歯茎の再生のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

0120−25−1839

03−3251−3921

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP