知らなきゃ損をする歯ぐきの再生治療

まずは、下の2枚のお写真をご覧ください.

審美歯科できれいになった人と、せっかく審美歯科治療を行ったのに結果を残せなかった人のお写真です。

歯茎が下がってしまって黒く見えています.せっかくのオールセラミックが見た目と言う点では台無しになってしまっています.

同じ方の歯ぐきの再生治療後のお写真です。最初から、歯ぐきの再生治療を審美歯科治療と合わせて行っていれば、このような感じに良い結果が出たのにと後悔されていました.

はっきりと言えるのは、審美歯科治療を行う際に、歯ぐきの再生治療をご存じないと将来的に損をしてしまいます.オールセラミックを交換する一番の理由は歯茎が下がってしまって見た目が悪くなるためです.

歯茎が下がってしまうたびにオールセラミックを交換しているかたもいらっしゃいますが,その度にオールセラミックの料金をお支払いになる費用の損に加えてだんだんと歯が長くなってしまってみた目が悪くなってしまうという2重に損をしてしまう状態になります.

そのため、オールセラミックを長持ちさせたいと言う方は審美歯科治療を行う際に歯ぐきの再生治療を合わせて行うようにお勧めしております.

歯茎が下がったまま、審美歯科治療を行った場合

審美歯科と歯茎の再生
審美歯科と歯茎の再生 仮歯

審美歯科をお考えの方は歯茎が下がってしまっていないかを確認されてから処置を行う事おお勧めします.

 

歯茎が下がってしまっている部分があるようでしたら歯茎の再生治療を行った方が審美歯科治療の結果がきれいになります.

 

審美歯科治療を行う場合,歯の長さや歯の角度などが気になると言う事もあります.

 

前歯の長さを左右で同じにするためには歯茎の位置を変える必要があります.

 

お写真の状態は、下がった歯茎に合わせて仮歯を入れた状態です.微妙な歯の長さを合わせるために、歯茎の再生治療で歯茎の位置を合わせます.

 

歯茎に関する御相談は無料カウンセリングを行っております.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

審美歯科治療前の歯茎が下がった状態
審美歯科治療前の歯茎が下がった状態

仮歯に変える前の歯の状態.仮歯にする時に、多少は歯茎の整形を行う事で歯茎の位置が整います.ただ、下がった歯茎を戻す事ができないため、下がってしまっている歯茎の位置に合わせて下がっていない歯茎をさげる必要があります.

 

歯茎をそろえてみて満足できない場合は歯茎の再生治療で歯茎を回復させて整えます.

 

歯茎の再生と審美歯科のページ

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP