入れ歯の支えをしている歯の歯茎が大きく下がった場合の歯茎再生

部分入れ歯の支えをしている歯の歯茎は歯が揺らされる事もあってか、歯茎が下がりやすいように感じます.特に動いてしまうような合わない入れ歯を使用している場合には支えている歯のダメージが大きくなってしまう事が知られています.

 

しっかりと合う入れ歯に治すか、インプラント治療をされる事で歯の無い部分の隣の歯のダメージを少なくする事ができます.

 

そして、下がった歯茎は歯茎の再生治療で回復させる事ができます.

入れ歯をかけている歯の歯茎は下がりやすい

犬歯の歯茎が下がったケース
犬歯の歯茎が下がったケース

入れ歯の支えになっていた犬歯の歯茎が大きく下がってしまっています.歯茎を回復させるために歯茎の再生治療を行いました.

1週間後の状態
1週間後の状態

歯茎の再生直後は歯茎がまだ腫れています、1ヶ月もすると歯茎の腫れが落ち着いてきます.しばらくは入れ歯の使用は控えていただきます.


歯茎の再生の流れのページ

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP