2017年

1月

11日

歯茎の再生治療後の歯茎の腫れについて

あなたの差し歯の歯茎は下がってしまっていませんか?

差し歯の歯茎が下がってしまった場合、歯茎の再生治療を行うことで歯茎を回復させることができる場合があります。

下がってしまった歯茎に合わせて差し歯をお作り直しになられると長い差し歯になってしまいます。見た目に問題を感じて再治療にお越しになる方もいらっしゃいます。かかりつけの先生のところでは治せないと言われてしまうことが多いようです。

今回は、歯茎の再生治療時の歯茎の腫れについてご説明いたします。

歯茎の再生治療の腫れについて気にされる方もいらっしゃいますので、少し腫れが残ってしまった歯茎の再生治療例でご説明いたします。通常はこのケースより腫れはすくなくなります。

歯茎の再生治療後の歯茎の腫れはどの程度?

下がってしまった歯茎の位置に合わせて差し歯を入れたら長さの長い差し歯が入ってしまいました。

このケースでは、差し歯を外して仮歯に交換した状態で歯茎の再生治療を行いました。

 

歯茎の腫れは歯茎の再生を行う本数や、歯茎の移動量によって変わります。

 

このケースでは、通常より腫れが引くのが少し遅いようです。1週間後の状態ですが、歯茎がまだ赤く腫れているのがわかるかと思います。ただ、腫れているのをほとんどかんじなくなっています。

また、お痛みはなく、痛み止めは飲まずに済みました。

 

歯茎の再生治療の症例のページ

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP