2016年

12月

16日

歯並びの悪いところの歯茎は下がる?

歯並びが悪い部分は歯茎が下がりやすい傾向がありますのでご注意ください。

特に歯が飛び出している部分は歯の根っこの歯茎をこすらないように歯ブラシをするように注意したほうが良いでしょう。下がってしまってからでは、手遅れです。自然には回復しませんのでご注意ください。

特に下の前歯は要注意です。

歯並びの悪い部分の歯茎
歯並びの悪い部分の歯茎が下がった状態

下の前歯の歯茎が下がってしまったケースです。前歯1本が少し前に出てしまっている部分の歯茎が下がってしまっています。


全体的に下がるのではなく、この歯のように少し飛び出している歯の歯茎が下がりやすくなっています。


こういったケースでは歯ブラシをするときに歯茎をこすらないように丁寧に磨くことが必要になります。


また、歯肉が下がって知覚過敏の場合、歯ブラシや歯磨き粉を変えても効果は一時的な物かもしれません。


歯肉が下がったため歯の根っこが露出してしまっています。


こういった場合,歯肉の再生治療で下がった歯茎を覆う事で知覚過敏を抑える事ができます。


歯肉の再生に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯肉の再生の詳しいページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上 JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120-25-1839

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP