歯茎が少し下がり始めた段階で予防的に歯茎の再生治療を行うこともできます。

歯茎が再生しにくい場所があります。例えば下の前歯の裏側など。そんな部分では、歯茎が少し下がり始めた段階で、それ以上歯茎が下がらないようにできたら良いのではないかと思うことがあります。

下の前歯の裏側の歯茎が大きく下がってしまうと回復させるのが難しいのが現状です。歯茎の下がりやすさを予想して、完全に大きく下がってしまう前に歯茎が下がるのを予防するために歯茎の再生治療を行うことで、将来的な歯茎の退縮や歯周病のリスクを減らせるかと思います。

裏側の歯茎が薄く、少し歯茎が下がり始めています。歯茎は薄く、今後下がってしまう可能性はあります。

 

歯茎を回復させるというより、将来的に下がるのを予防するために歯茎の再生治療を行い、歯茎の厚みを厚くします。

 

少し下がってしまっていた歯茎を回復させるのと合わせて、歯茎の厚みが増していますので、将来的な歯茎の退縮の予防に効果的です。

 

歯茎の下がってしまうリスクは、CTを撮影して歯の周囲の顎の骨の厚みを確認することで、よりはっきりとわかります。矯正治療を始めようとされる方など、CTを撮影されると良いと思います。

 

歯茎の再生で歯周病予防のページ

 

歯茎の再生治療をお考えの方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。

無料カウンセリングは御予約制とさせていただいております。フリーダイヤルにお電話いただいて、お電話がつながりましたら無料カウンセリングのご予約を取りたいとお伝えください。(営業時間内の受付となります。)

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

0120−25−1839

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP