2016年

8月

04日

歯茎が下がってしまうと差し歯の見た目が悪くなります。こんな時の解決法

差し歯の歯茎が下がってしまったり、差し歯の歯茎が黒くなってしまった場合、差し歯の内部に虫歯が進行してしまっている場合があります。

また、歯茎が下がった状態で差し歯の治療を行うと長い歯になってしまうことがあります。

下がった歯ぐきに合わせて差し歯を入れてしまったケース
下がった歯ぐきに合わせて差し歯を入れてしまったケース

下がった歯ぐきに合わせて差し歯を入れてしまうとひどい見た目になってしまいます.歯の長さがい様に長い差し歯はどうしようもなく見た目が悪いものになります.

 

差し歯治療を行う前に歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めします.

下がった歯ぐきを回復させる
下がった歯ぐきを回復させる

差し歯を外して仮歯に交換して歯ぐきを回復させた状態。

この後しばらく待って歯ぐきが引き締まった時に歯ぐきの整形を行って歯ぐきの位置を整えます.

 

下がった歯ぐきに差し歯を入れようとしている方は急いで歯ぐきの再生治療をしてもらうようにしてください.

 

歯ぐきの再生治療ができない場合もありますが,その場合は歯ぐきの再生治療だけ当院で行う事も可能です.

 

ただいま初回のみの無料カウンセリングを行っておりますので、歯ぐきが下がってしまって差し歯を入れようとされている方で歯ぐきの再生治療をしたいとお考えの方はご連絡ください.予約が混んでしまっているため、セカンドオピニオンのみの方は有料(¥5,000−税別)となります.


歯茎の再生と差し歯の治療に関しての詳しい治療内容が知りたいという方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください。


歯茎の再生治療と審美歯科のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP