知覚過敏の方は歯茎の再生治療で治せます。

知覚過敏で風や冷水がしみるという方、歯茎の再生治療で症状が治る場合があります。

従来、知覚過敏の治療といえば知覚過敏用の歯磨き粉を使用することや、歯医者で歯に知覚過敏の薬を塗ったりプラスティックの詰め物をしたりすることが一般的でした。

ただ、この方法では下がった歯茎はそのままですので、定期的に同じことを繰り返すか、歯磨き粉を使用し続けるかになってしまいます。

歯茎の再生治療では歯茎を元の位置に戻して覆いますので、知覚過敏の効果は持続します。また、将来的にも歯茎が下がるのを予防します。

歯茎の再生

知覚過敏の方の歯の磨き方

知覚過敏の方は、歯磨き粉をしっかりと付けてゴシゴシ磨くと症状が落ち着きません.通常の歯磨き粉は、研磨剤が入っているため、歯の表面をさらに傷付けてしまいます。

知覚過敏のある方は、柔らかい歯ブラシに歯磨き粉を付けないか、知覚過敏用の歯磨き粉を少し付けて1カ所あたり、20回程だけ磨くようにしてください.1週間程で落ち着く事が多いです.

歯磨きの方法を変えても知覚過敏が良くならない時の治療法

歯磨きの方法を変えても知覚過敏の症状が消えない場合は、歯科医院にて知覚過敏のお薬を塗る処置、あるいは歯の削れてしまった部分をプラスティックで埋める処置を行います.

 

歯茎の再生治療を希望の方はプラスティックで埋めた部分を削って取り除いてから行いますので、一時的に知覚過敏を取るためにプラスティックで埋める事は有効です.

知覚過敏の一般的な歯科治療と歯茎の再生治療のちがい

知覚過敏の一般的な歯科治療は、知覚過敏のお薬を塗ります。

通常、一般的な知覚過敏の処置は、以下のような処置を順番に行います。まず、歯ブラシの確認をして1週間ほど待った後に、象牙質の過敏をおこしにくくするお薬を塗ります。それでもダメなら、フッ素系のお薬で神経の過敏症を取ります。それでもダメな場合は、レジンという詰め物で歯の表面をカバーします。それでもダメな場合は、歯の神経を抜くことも考えます。

歯茎の再生治療の場合は、歯茎が下がった部分の歯茎を回復させますので、歯茎を覆うことで熱などの刺激が加わらないようにします。ただ、完全に元の状態に回復できない場合など知覚過敏が解消しない場合もあります。その場合は、歯茎の再生治療後に上の一般的に行われている歯科治療の手順通りに治療を行います。

知覚過敏のお問い合わせ

歯茎が下がってしまって知覚過敏がきになる方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますので、ご利用ください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

知覚過敏に関連するブログ

2017年

8月

24日

知覚過敏の方はまずは歯ブラシの方法を確認してください.

ゴシゴシ磨きは歯茎の下がる原因になりますのでご注意ください

知覚過敏の方の多くはゴシゴシ歯を磨いている事が多いです.ゴシゴシと歯を磨くと歯茎が下がってしまう事があります。特に前歯の歯茎は下がりやすいと言う事があります。

そのため、知覚過敏の原因はいろいろありますが、まずは歯ブラシの確認からされるといいと思います.

 

知覚過敏治療の流れはこちら

 

また、歯周病で知覚過敏になってしまう場合はだいぶ歯周病が進行した状態になっていると考えられます。この場合は、自分でなんとかしようとせずに歯科医院で歯周病の治療を早めに開始することをお勧めします。知覚過敏の治療に歯茎の再生の必要がある場合もあります。

歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいておりますのでクリックしてご覧ください。

歯茎の再生のページ

また、歯茎の再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングは御予約制となっております。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2017年

8月

07日

歯茎の再生は知覚過敏にも有効です。

歯茎が下がってしまって知覚過敏が起こる事があります.歯ぐきの再生治療で歯茎を回復させる事は知覚過敏にも有効な場合があります.

知覚過敏の方は歯茎が下がってしまうことが原因になることが多いです。そのため、歯茎の再生治療で歯茎を元の位置に戻しておけば、知覚過敏の症状が治まることがほとんどです。

歯茎の再生治療で下がってしまった歯ぐきを覆うことで、空気や冷たいものの刺激を防ぐことができます。

歯茎の再生治療の効果は長く続きます。歯茎の再生によって、歯茎が厚くなるため歯茎が下がりにくくなります。

歯周病の感染が進行していなくても歯茎が下がり続けることはあります。歯周病の感染がある場合、まずは歯周病の治療からになります。また、歯茎の再生前に骨の再生が必要になることもあります。

まずは無料カウンセリングにて歯茎の状態を確認してください。無料カウンセリングにて治療方法や治療期間のご説明をいたします。また、治療費のお見積りも出させていただきます。

歯ぐきの再生治療を希望される方は下記のリンクページもクリックしてご覧ください.歯ぐきの再生治療に関しての詳しい内容、症例を紹介させて頂いております。

歯茎の再生のページ

無料カウンセリングを希望される方は御予約制となりますので、ご予約をおとりの上ご来院ください.

通常、保険外診療を行っている歯科医院ではカウンセリング料が5千円〜高いところで10万円ほどの費用がかかります。当院では、なるべく多くの方がさらに歯茎の退縮が進行しないよう早めに歯茎の再生治療を受けていただきたいので、気軽にカウンセリングを受けられるようカウンセリング料を無料とさせていただいております。(ただいま混雑しており先まで予約を取れない場合もございますので、なるべくお早めにご予約をお取りになることをお勧めしております。)

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科                    東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上 JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

2017年

8月

04日

歯茎の再生Blog 下がった歯茎の知覚過敏をおさえる方法

歯茎が下がってしまって、お水がしみるなど知覚過敏の症状が出てしまっているということはありませんか?

知覚過敏のお薬などは色々と商品が出ております。今回は、そういったお薬の説明ではなく、下がった歯茎を再生させて元に戻すことによって知覚過敏を予防する方法のご紹介です。

歯茎の再生治療は、歯医者によっては行っていないことが多いのですが、当院では非常に多くの症例を行っておりますので、このページにてご紹介させていただきます。

このページは歯ぐきの再生治療に関連する項目のご紹介しております.文章中の関連項目のリンクはクリックして頂くと関連ページが開くようにしております.

歯周病で歯茎が下がってしまうと、知覚過敏になってしまうことがあります。通常、知覚過敏が起きると知覚過敏用の歯磨き粉を使用したり、歯科医院でレジンという詰め物をして知覚過敏を抑えます。

こういった方法は症状を緩和させるのには有効ですが、原因となる歯茎の下がりを元に戻す訳ではないので、知覚過敏の処置を何年も繰り返していくことになります。

歯茎の再生治療では、知覚過敏の根本的な原因である歯茎の下がりを元に戻しますので、効果が続きます。

歯茎の再生治療は歯周病の進行が軽度なほど有効ですので、早いうちに行うことをお勧めしています。

歯茎の再生治療をお考えの方は無料カウンセリング料金や治療法のご説明をいたします。

無料カウンセリングのお問い合わせはお電話かメールでお受けしております。

無料カウンセリングのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839                 03−3251−3921

0 コメント

2017年

7月

20日

知覚過敏は歯茎が下がっている時に起こる?

知覚過敏のある歯はありませんか?

水がしみる方など、知覚過敏の方は歯茎が下がってしまっていることが原因になることがほとんどです。鏡を見て、歯のながさが周りのはより長くなってしまっている歯があれば、その歯は歯茎が下がってしまっている状態です。

知覚過敏に対して従来、知覚過敏用の歯磨き粉を使用したり、歯の根っこの表面に詰め物をして対処してきました。しかし、下がった歯茎はなおせませんでした。これに対して最近紹介させて頂いているのが歯茎の再生治療というものですが、下がった歯茎を上げる治療法です。あまり一般的な方法ではないので、治療ができる先生は少ないのですが、歯茎の再生治療を行うことで歯茎を上げることができます。

通常下がりやすい歯茎は、歯ブラシなどによりさらに大きく下がっていきます。将来的に歯周病や、虫歯のリスクもあり、歯を抜くことになる場合もあります。インプラント治療などにならないためにも、歯茎を元に戻しておくことはゆうこうになります。お値段は、保険が利きませんが、インプラントほどの料金はかかりません。

治療が遅くなるとどんどんなおしにくくなるので、歯茎の下がってしまった方は早めに治療をされることをお勧めします。消費税が上がる前がよいのではないでしょうか。

 歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいておりますのでクリックしてご覧ください。

歯茎の再生治療のページ

歯茎の再生治療は保険外治療となります。そのため、歯茎の再生治療を希望される方にただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120-25-1839

0 コメント

2017年

2月

17日

知覚過敏の時は歯が削れているかも知れません.

知覚過敏は歯が温度や触った刺激に歯が敏感になってしまっている症状の事ですが,原因に歯の根っこが削れてしまっている場合があります.歯茎が下がって歯の根っこが露出すると歯の根っこは削れやすいため知覚過敏になってしまう事があります.

歯ブラシをしても痛いという場合はたいてい歯茎が下がってしまい歯の根っこが露出しています。刺激を加えないというのも一つの方法ですが、歯ぐきの再生により歯茎をもとの状態に戻すことで歯の根っこに刺激が伝わることを防ぐこともできます。

歯ぐきの再生って何?と言う方は下記のリンクページから歯ぐきの再生に関して御確認ください.

歯茎の再生のページ

ただ、知覚過敏だからといっていきなり歯茎の再生治療を行うのではなく、まずは知覚過敏の予防で出来る事を勧められると良いでしょう.

歯茎が下がってしまって知覚過敏の方は、とりあえずは歯磨き粉を使用しないで1週間磨いて頂く事をお勧めしております。歯磨き粉の研磨剤が影響して知覚過敏となってしまう事が多いようで、歯磨き粉を使用しないだけで知覚過敏が落ち着く事が多いようです。

知覚過敏が落ち着いて歯茎の下がっているのが気になる場合に歯ぐきの再生治療で歯の根っこの露出した部分を覆うと知覚過敏の予防になります.

歯ぐきの再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングは御予約制となりますのでお問い合わせください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP