歯茎が痛い時は歯周病かもしれません

歯茎が痛い場合
歯茎が痛い場合

歯茎が痛い場合,歯周病が進行してしまって歯茎の内部に骨が吸収しているケースがあります。歯茎の内部に歯石が入り込んで炎症を起こしてしまっている場合です。

 

お写真のように歯茎の中の骨が吸収している場合,内部に炎症が起こってしまうと歯茎がすごく痛くなります。特に、歯ブラシや歯石取りをしっかりと行って歯茎が引き締まっている方に起こる事があります。

 

急性歯周膿瘍という状態で、歯茎が腫れている場合は逆にお痛みが無い事が多いようです。

 

このケースの歯茎の痛みをなくすには歯茎の中の歯石を完全にお取りする事が必要になりますので、外科的な歯周病治療を行います。

 

歯周病の治療は中途半端に歯茎の中の歯石をお取りして、取り残しがあると、このケースのように急性歯周膿瘍を起こしてしまい、骨の急襲が急速に起こってしまう事があります。

 

急性歯周膿瘍で歯茎が痛くなってしまった場合、抗生剤で炎症を抑えた後、早い段階に歯周外科を行ってしっかりと歯茎中の歯石をお取りすることと、骨が吸収してしまっている場合は、失われた骨を再生する事をお勧めしております。

合わせて、歯周病の痛みのページもご覧ください。

歯周病の痛みのページ

歯茎が痛い場合のお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP