歯肉が下がった時の再生治療

歯ブラシ中に歯がしみたので、鏡で歯肉を確認したら歯が長くなっているように感じた・・・という経験をお持ちの方が最近多くいらっしゃいます。

 

これは歯が長くなったのではなく、歯肉が下がって歯の根っこが露出してしまったために歯が長く見えてしまっているのです。

 

単に知覚過敏というだけでなく、歯肉が下がった場合は、歯周病や虫歯のリスクが高くなります。磨きにくい事に加えて、歯の根っこの部分は酸に対して弱く、また、汚れもつきやすい特徴があります。

 

歯肉が下がってしまった場合、歯肉の再生治療をお勧めしているのは単に元に戻すだけでなく、虫歯や歯周病を予防してなるべく長くご自身の歯を抜かずに使用して頂きたいからです。

 

歯肉の再生治療の流れについてのページもご覧ください。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

歯肉再生に関するブログ

歯ぐきの再生後のお痛みについて

歯ぐきの再生治療はいたいの?

 

それほど緊張される事はありません.緊張して損したという感想をしばしばいただきます.処置は30〜60分程で終わりますし,感覚を感じる場合は麻酔を追加して痛みがない状態にしてから処置を続けております.

 

そうはいっても痛いんでしょという方へ

歯茎の再生治療と言うとお痛みを気にされる方が多いと思います。歯茎の再生治療は、通常ほとんどの方があまり痛みを感じない処置になります。

 

歯茎の再生治療では、簡単な皮膚の移植も行う場合があります。移植する皮膚の量は、非常に小さい範囲のものであり、薬のカプセルの幅程度の長さですので、麻酔が切れても痛みは痛み止めを飲まずに我慢できる程度のものですし、ほとんど腫れません。

 

歯茎の移植をしますというと引いてしまう方もいらっしゃいます。これは単にイメージだけの問題かと思います。

 

やけどなどでおしりの皮膚を移植するといった大掛かりな治療と言うイメージがあるのかもしれません。

 

歯茎の再生に使用する皮膚は感染などの心配は少なく、痛みや腫れの心配はほとんどありません。

 

歯茎の再生治療後には抗生剤と痛み止めをお渡しします。もしお痛みが出てしまっても痛み止めを飲んで頂けると痛みはほとんどのケースで抑えられます。抗生剤は感染予防に必ずお飲みください。

 

ただし、注意をしなくてはいけないのが出血です.尖ったものを食べたり、皮膚を取った部分を触ったりしていると、出血や血豆が出来てしまいます.歯ブラシなどで触る事もしないようにしていただいております.

 

また、歯茎の再生治療を行った部分の歯茎は術後触らないようにしてください。押したりするともちろん痛いでしょうし、皮膚がずれてしまう事もあります。お食事の注意事項などもございますので、歯茎の再生治療の流れについてもご覧ください。

 

歯茎 再生

ただいま歯茎の再生治療を希望される方は、無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.無料カウンセリングは御予約制とさせて頂いております.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上 JR神田駅北口より徒歩1分

0120-25-1839

03-3251-3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎再生ビフォーアフター

歯茎再生は見た目の改善も重要な要素になります.

当院では、歯茎再生後の見た目を極力きれいなものとする様に治療を行っております.

 

歯茎再生の治療ケースに関しましては、下記のリンクページにさらに多くのケースを紹介させて頂いております.クリックしてご覧下さい。

歯茎再生の症例ページ

歯茎の再生治療
歯茎の再生

こんな歯茎が再生できます.

 

歯茎が下がった、歯茎が退縮した、歯茎が後退したなどいろいろな言い方がありますが,お写真のように歯茎が無くなって歯の根っこが(歯の色がちがう部分)出てしまった場合,歯茎の再生治療が有効になります.

 

このお写真の場合,下の前歯の歯茎が下がってしまい,歯の根っこが見えてしまっています.この歯の根っこを覆うという意味で、根面被覆法と呼ぶ事もあります.

 

皮膚の移植を行いますので、手術直後は歯茎が腫れますが,2ヶ月程待つと歯茎の厚みが落ち着いてきます.

もしも、歯茎の厚みが厚すぎると感じた場合は、2ヶ月後に歯茎の厚みを調整いたします.

歯茎の再生
歯茎の再生

歯茎の再生治療後2週間の状態。歯茎が下がった歯の根っこを皮膚で覆っています.歯茎が少し腫れていますが,この後経過を見ていきます.

 

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生治療のページ

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

いろいろなタイプの歯茎の下がり方

様々なタイプの歯茎の下がり方があります.

 

全体的に下がってしまう方,下の前歯に限定して下がってしまう方,歯並びの悪い所の歯茎が下がってしまう方、犬歯に限定して歯茎が下がってしまっている方など、いろいろなタイプの歯茎の下がり方があります.

 

歯磨きがいつも強く当たってしまう部分、顎の骨の薄い部分、噛み合わせの強く当たってしまっている部分などが歯茎が下がってしまいやすい場所になります.

 

歯茎が下がってしまった場合、歯ブラシの仕方、歯ぎしりの管理、噛み合わせの調整、歯の固定、歯ぐきの再生治療などを複合的に行う事で、下がった歯茎を回復させております.


様々なタイプの歯茎の下がり方

歯茎が下がってしまうと何が問題になるのでしょうか?

 

もちろん見た目に悪いという事があります。差し歯の歯茎が下がってしまった場合は、歯茎が黒く見えてしまいますし、見た目を改善するために歯茎を回復したいという方もいらっしゃいます.

 

ただ、多くの方に取って歯茎の下がる事で歯が抜けてしまうのではないかという心配の方が見た目以上に重要に感じられていらっしゃるのではないでしょうか。

 

歯茎が下がると歯茎もなくなりますし、歯を支えている歯の周囲の骨もなくなります.そのため、根っこの長さに近いところまで歯茎が下がってしまうと歯の根っこを支えている骨が完全にないという状態になります.この状態では歯を抜く事になってしまいます.

 

歯茎が下がりやすい歯茎の薄い方は、歯茎の厚みを増やし、下がった歯茎を回復させる歯茎の再生治療を行う事で、歯茎の下がりを予防する事ができます.

 

ご自身の歯を守るために歯茎の下がってしまった方は歯茎の再生治療をお勧めしています.

 歯ぐきの再生治療の流れに関しましては下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

歯ぐきの再生治療の流れのページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120-25-1839

03-3251-3921

歯ぐきの再生ケース 歯茎の退縮に帯する治療法のご紹介

下の歯の犬歯の歯肉が下がってしまう事がよくあります.そういった歯茎の退縮に対しての歯ぐきの再生治療のケースをご紹介いたします.


下の犬歯の歯ぐきが下がった場合の再生ケース

下の前歯の歯茎が下がる
下の前歯の歯茎が下がる

歯茎が退縮してしまう事があります.特に下の前歯や犬歯の歯茎が下がってしまう場合が多いようです.こういった場合に歯ぐきの再生治療で回復させる事が可能です.

下の前歯の歯茎が下がる
下の前歯の歯茎が下がる

画面右側の犬歯の歯茎の帯祝していた部分を歯ぐきの再生治療で回復させています.

3〜4ミリ下がってしまっていた歯茎を回復させて元の歯茎の位置に戻す事ができました.

歯ぐきの再生治療は下がってしまった歯茎を回復させる方法です.薄い歯茎は年々退縮がひどくなってしまいますので、歯の事が心配な方は歯ぐきの再生治療はお勧めな治療法となります

ただ、歯ぐきの再生治療は保険がきかない治療となりますので、料金の方もご確認の上治療をご検討されてはいかがでしょうか。

 

歯茎の再生治療の料金

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、右側犬歯の歯茎の再生治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

メールお問い合わせ

10年で7割の方の差し歯の歯茎が下がって黒く見えると報告されています。

差し歯の歯茎が下がってしまったという方が非常に多くなってきています。歯茎が薄い方は特に差し歯の歯茎が黒くなってしまって目立ってしまっているのではないでしょうか。

 

今回は、差し歯の歯茎が下がった時にも歯茎の再生治療で歯茎を回復させて、元の見た目に回復させる新しい審美歯科治療法をご紹介いたします。


歯茎を回復させる新しい審美歯科治療法

歯茎の再生と審美歯科
歯茎の再生と審美歯科

歯茎の再生治療を行う場合、仮歯の厚みを調整することが必要なため、再生治療は仮歯を装着した状態で行います。

 

仮歯を入れた状態で3ヶ月ほど待ち、歯ぐきが安定した時点で最終的なセラミック治療を行います。

歯茎の再生治療前
歯茎の再生治療前

大きく歯茎が下がってしまっています。歯茎の再生治療前に前に適合の悪い差し歯を外して、適合の良い仮歯に変えます。これは、歯茎の再生を行っても差し歯の適合が悪いと炎症が起こり再度歯茎が下がってしまう事があるためです.

 

仮歯に変えた後に歯茎の再生治療を行います。

審美歯科治療を行う場合は、歯茎の位置を仮歯の位置に合わせて歯茎の再生を行います.

差し歯の歯茎が下がってしまった場合、審美歯科治療に平行して歯ぐきの再生治療を行います.歯ぐきの再生と審美歯科治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

歯茎の再生と審美歯科のページ

 

 


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。