歯肉が下がった時の再生治療

歯ブラシ中に歯がしみたので、鏡で歯肉を確認したら歯が長くなっているように感じた・・・という経験をお持ちの方が最近多くいらっしゃいます。

 

これは歯が長くなったのではなく、歯肉が下がって歯の根っこが露出してしまったために歯が長く見えてしまっているのです。

 

単に知覚過敏というだけでなく、歯肉が下がった場合は、歯周病や虫歯のリスクが高くなります。磨きにくい事に加えて、歯の根っこの部分は酸に対して弱く、また、汚れもつきやすい特徴があります。

 

歯肉が下がってしまった場合、歯肉の再生治療をお勧めしているのは単に元に戻すだけでなく、虫歯や歯周病を予防してなるべく長くご自身の歯を抜かずに使用して頂きたいからです。

 

歯肉の再生治療の流れについてのページもご覧ください。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

歯肉再生に関するブログ

あなたも下がった歯茎を再生させませんか?

歯茎が下がってしまった方。そのまま放置されますか?

 

それとも歯茎の再生治療を行なって歯茎を回復させてみようと思いませんか?

下がった歯茎
下がった歯茎

ご存知でしょうか?

 

歯茎が下がってしまって気になさっている方は歯茎の再生治療を行っています.

 

この方のように、噛み合わせが強く当たってしまっている場合は、歯並びをマウスピース矯正で治す必要がある事もあります.

 

 

歯茎を回復
歯茎を回復

同じ方の歯茎とは思えない程歯茎がしっかりとした状態になっています.

 

歯茎がしっかりとする事で、将来的にも歯茎が下がりにくくなります.


歯茎が下がったときの歯ぐきの再生治療のご紹介.

歯ぐきがやせた、歯ぐきが下がった、歯ぐきが退縮した、歯が長くなったらどうしますか?そのまま放置するしかないと思っている方がほとんどのようです.

 

解決法は歯ぐきの再生治療です.

 

歯茎の再生治療とは、歯茎がやせて歯が長くなってしまった場合、歯茎の移植と歯根膜と呼ばれる歯と歯ぐきをつなぐコラーゲンの再生を行い、歯茎を回復することです。

 

結合組織移植術またはCTGとも言われます。

 

この処置に関してはほぼ痛みはなく痛み止めを1回飲んで頂ければほとんど痛みが出る場合はなく、腫れたりすることもありません。処置時間は一時間程です.

 

歯茎の再生

 

歯周病で歯を支えている骨が吸収してしまっている場合は歯茎を再生する事が難しい事があります.まずは、無料カウンセリングにて歯茎の状態を確認される事をお勧めしております.

また、矯正治療後の歯と歯の間の歯ぐきの再生治療は困難な場合もございます。歯ぐきの再生治療ではなく歯と歯の間を埋める詰め物やラミネートベニアなどの審美修復物をお勧めする場合もございます.歯と歯の間の歯茎が下がってしまったケースに関する治療は下記のリンクページをご覧ください.

歯と歯の間の歯茎が下がった場合の治療のページリンク

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎再生の難しいケース

歯周病が進行している場合は歯茎の再生が部分的になります。

歯を支える骨がない場合は歯茎の再生治療が限定的となります。
歯を支える骨がない場合は歯茎の再生治療が限定的となります。

お写真の状態は歯周病が進行して、歯の内部の骨も吸収しています。

歯を支える骨がない場合は歯茎の再生治療が限定的となります。

完全に元には戻りません。

歯を支える骨がない場合は歯茎の再生治療が限定的となります。
歯を支える骨がない場合は歯茎の再生治療が限定的となります。

歯ぐきの再生治療後の状態です。

ほっぺた側の歯茎が一部回復していますが、歯と歯の間の歯茎はあまり変化しておりません。

 

 

お写真のような、歯周病のケースでの歯茎の再生治療の目的は歯茎の厚みを出して将来的に歯茎が下がりにくくすることが目的になります。


歯茎の再生治療はどこまで治せるか?

歯茎再生といってもすべてのケースで元に戻るわけではありません.また、完全に元の状態に回復する場合と、完全には戻らない場合があります。

 

歯茎が完全に戻らないケースは、骨の吸収が起こっているケースや歯と歯の距離が離れているケースで起こります。もちろん、部分的には回復しますし、今後歯茎が下がりにくくなるというメリットはあります。

 

歯周病などで歯茎が下がってしまうとあごの骨が無いためなかなか歯茎は元の位置まで再生しません.まずは歯周病の状態を確認する事が必要になります。

 

特に歯と歯の間の骨がない場合は歯茎の再生が難しい治療となります。歯と歯の間の歯茎に関しては見た目の改善に審美歯科治療を行います.歯と歯の間の隙間を減らして目立たなくします.

 

また、歯周病が進行中の方は歯茎の再生治療前に炎症をお取りする必要があります。歯茎の再生治療前に細菌検査などで歯周病の状態を確認してから歯茎の再生治療に入ったほうが良い場合があります。

 

まずは無料カウンセリングを行いますので無料カウンセリングのご予約をお取りください.

無料カウンセリングのページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

03−3251−3921

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込み)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が一部吸収しているケースに関しては、部分的に露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

 

~骨の再生治療の注意~

 

骨の再生治療は保険外診療となります。当院では骨の再生治療1回の処置で4~6本の骨の再生治療を行いますが、22万円(税込)かかります。

 

骨の再生治療は、完全に元の骨の状態に戻せるわけではありません。このケースのようにある程度骨の回復をさせたとしても、完全に歯の揺れが止まらない場合は、歯の揺れを止めるために連結固定をします。固定が必要があることが多いです。

 

 

骨の再生治療は外科処置となります。骨の再生治療後に炎症を起こしたりしないよう、外科治療前にしっかりと歯茎の炎症を取ることが必要になります。


上のいいねボタンをクリックしてください。

下の前歯が揺れてしまっている場合は、歯をワイヤーで固定することがあります。

歯が揺れてしまっている状態では、歯茎の再生治療がうまくいかないことが考えられます。

 

そのため、歯茎の再生治療を行う予定の部位は歯が揺れないように、噛み合わせの調整や歯の連結固定をすることがあります。

 

歯の連結固定は、ワイヤーで歯を何本かつなげる方法で行っています。歯を束ねることで、歯が揺れにくくなります。

歯をワイヤーで固定する場合

歯茎の再生
歯茎の再生
歯茎の再生
歯茎の再生

歯茎の再生治療の流れに関しましては、下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療の流れのページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839

03-3251-3921

歯ぐきの再生治療後2週間もすれば、歯茎はかなり落ち着きます.

歯ぐきの再生治療後に腫れなどで勤務などができるか心配される方がいらっしゃいます。通常2〜3日で腫れはピークになり、1週間もすると落ち着きます.2週間経つとほぼ治療前の感じになります.もちろん、歯茎が厚くなった分は歯茎の感覚が変わります.

ただ、まだ歯ブラシをしてしまうと歯茎が下がってしまいますので移植した部分の歯ブラシはしないようにしてください.

歯茎の再生
歯茎の再生

お写真は、オペ後2週間の歯茎の状態です。歯茎の再生治療によって歯茎が腫れていますが,切り傷などの無いきれいな仕上がりとなっています.歯の長さが上の歯とほぼ同じになりました.歯茎下がったイメージは無くなりました.

 

歯ぐきの再生治療をお考えの方は下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生の流れについてのページ

 

また、歯ぐきの再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは御予約制となりますので、ご予約をお取りいただいた上でご来院ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣)

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込み)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

上の前歯の歯茎が全部下がってどうしようと不安な方へ

上の前歯が笑った時に歯茎が下がってしまっているのが目立っていないか気になるという場合。

 

歯周病が進行したりして、さすがにこんなに歯茎が下がってしまうと経過を見ていくのも不安だと言う場合があります.

 

歯の根っこの露出は今後の虫歯や歯周病で歯が抜けるリスクを高めますので、放置して経過を見るのはあまりお勧めしません.

 

歯茎が下がったときは歯ぐきの再生治療を行います.

 


前歯の歯茎が下がったときの歯茎の再生治療例

前歯6本の歯茎が下がったケース
前歯6本の歯茎が下がったケース

歯茎が下がってしまってどうしたらいいかわからないという方に、お写真のような極端なケースをご紹介いたします。

 

歯茎が削れて歯が長くなってしまっています。下がってしまっているところで約5ミリほど歯茎が下がってしまっています。あなたの歯茎は、ここまでは下がってしまっていないと思いますが、いかがでしょうか?

 

歯茎が下がってしまう原因はいろいろ考えられますが、この状態になると自然には歯茎は回復しません。

 

そのため、歯茎を回復させるために、歯茎の再生治療を行うことになりました。

前歯6本の歯茎が下がったケース
治療後2週間の状態

歯茎の再生治療で歯茎の位置を元に合った位置に戻しました.歯茎の再生治療でこのように歯茎を回復させることができます。

 

歯茎が下がってしまった場合の一つの解決法として、歯茎の再生治療をご検討されると良いと思います。何もしないで放置しておく方も多いですが、歯茎は基本的に回復せずにさらに下がってしまうことが多いです。早期に治療を行った方が歯茎の回復が期待できます。

 

歯茎が下がってお悩みの方はまずは無料カウンセリングにお越しになられてはいかがでしょうか。

 

まだ歯茎の腫れが残っており、完全な状態ではないのですが,順調に回復しております.

 

歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療のページ

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

まず注意していただきたいのですが、歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込み)かかります。利用金は標準的な価格になります。治療本数が多い場合はその分費用がかかります。

 

通常、炎症がなく、骨が吸収していない場合は歯茎が下がってしまった部分の歯茎の回復は可能です。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

歯茎の再生治療のリスク

 外科的な治療ですので、治療後に歯茎を切った部分を糸でしっかりと縫う必要があります。傷口に尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

また、歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。できる限り多くの回復が見込める治療を行っております。

 


歯茎の再生治療などのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

メモ: * は入力必須項目です