歯周病と歯並びの関係

歯並びが悪く、歯が重なっている場合、歯と歯の間の骨が非常に薄く、歯周病にかかると非常に進行するのが早いという特徴があります。

 

ある先生は、「八重歯のおばあさんはいない」という格言があるように、歯並びが悪いことは歯周病を悪くする原因になる。と言ってます。

 

歯と歯が重なっていると歯磨きができないのに加えて、歯石がついてしまった場合歯石を取ることも難しくなりますので、歯周病が進行しやすくなります。

 

そのため、歯周病の治療をする場合、歯が重なり合っている部分を、矯正治療などで、歯並びの改善をすることが必要となります。

歯並びが悪い場合、骨の再生治療ができないことがあります。

悪い歯並び
悪い歯並び

歯並びの悪い部分は歯の根っこがくっついてしまっていることがあり、歯と歯の間に骨がない場合があります。

 

八重歯の方や、歯の凸凹が強い方は歯の根っこがかなり近くなっており、歯と歯の間に歯周病が進行してしてしまうと骨の再生治療を行うことができないことがあります。

 

このようなケースでは、炎症を抑えた後に矯正治療を行ってから骨の再生治療を行います。歯周病治療な方の中で矯正治療が必要な方が多いのは、歯並びが歯周病の進行に影響しているためとも考えられます。

歯周病治療中に歯並びを治したい方は矯正モニターも行っています。

矯正のモニター
矯正モニター

歯周病治療を行う場合、歯と歯の重なり合っている部分ほど歯周病の進行が始まりやすく、それでいて治療を行うことが難しい場所はありません。

歯周病治療と同時に歯並びを改善していくことが歯周病治療には重要になります。つまり、歯周病治療と並行して矯正治療を行うということがお勧めです。

 

矯正治療というと、大学病院などでは、おおよそ100万円ほどするイメージですが、当院では、現在矯正モニター料金で矯正治療を行っています。装置代、調整料込の総額で¥398,000-(税別)で矯正治療が行えます。

 

詳しい内容はお問い合わせください。

 

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

03-3251-3921

 

までご連絡ください。

 

 

八重歯の方は特に歯周病に注意する必要があります.矯正治療で歯並びを改善する事もお勧めする事があります.

八重歯が歯周病にかかってしまっています.このケースのように、歯並びが歯周病を誘発してしまったと考えられるケースが八重歯の場合によく見られます.

八重歯を抜いて歯並びを部分矯正治療で並べています。このケースのように、八重歯が歯周病で残せなくなってしまう事があります.

八重歯を抜いて部分矯正を行う事で清掃しやすい歯並びになりました.今回は残念ながら歯を抜く事になってしまいましたが、八重歯の場合はあらかじめ矯正治療を行う方が歯周病予防になりますのでおすすめです.

歯周病と歯並びに関するブログ

2016年

12月

16日

歯並びの悪いところの歯茎は下がる?

歯並びが悪い部分は歯茎が下がりやすい傾向がありますのでご注意ください。

特に歯が飛び出している部分は歯の根っこの歯茎をこすらないように歯ブラシをするように注意したほうが良いでしょう。下がってしまってからでは、手遅れです。自然には回復しませんのでご注意ください。

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

15日

歯茎の再生治療後1週間で歯茎の腫れはほぼ引きます。

歯茎の再生治療を行った後、歯茎の腫れはどれくらいの期間続くのかというご質問をいただくことがあります。

歯茎の再生治療後、歯茎の部分が腫れた感じになります。歯茎の再生治療を行う範囲が多ければ多いほど腫れた感じが大きくなります。ただ、広範囲に処置を行っても約1週間でほぼ腫れた感じは治ります。

また、大きく歯茎が下がってしまっている場合、特に歯茎の粘膜の部分まで歯茎が下がってしまっている場合は歯茎の腫れが出やすくなります。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

30日

矯正治療後の歯ぐきの再生

矯正治療で歯並びが良くなったけど歯茎が下がってしまったという事があります.歯並びの悪かった部分の歯は歯の周囲に骨が無いため歯を並べた後に歯茎が下がってきてしまう事があります.


お写真のケースのように歯茎が下がってしまった場合、歯茎が下がっている部分がお口の粘膜の部分まで進行してしまっていますので、お掃除がしにく状態となってしまっています.こすると痛いでしょうし,強くこすると歯茎が下がってしまうという歯ブラシの難しい状態となっています.


歯ブラシが出来ないと歯周病が進行してしまう可能性が高まりますし、歯茎が下がってしまった歯が歯周病にかかると歯を抜く事になる可能性が高まります.


このケースのように歯の粘膜に達する歯茎の退縮は歯周病の予防のために、歯ぐきの再生治療で回復させる事をお勧めしております.歯茎を回復させてしっかりと歯磨きの出来る状態が理想的な状態といえます.


歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに症例など詳しい内容を紹介させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.


歯ぐきの再生治療のページ


また、ただいま歯茎の再生治療を希望される方に無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921


続きを読む 0 コメント

2015年

2月

12日

歯茎の再生ブログ 歯並びを直すときの歯茎の再生

歯周病と歯並び 治療前
歯周病と歯並び 治療前

歯並びの悪い方の審美歯科治療では、歯茎の位置を修正する必要があります。歯並びが悪い場合は、歯の位置に伴って歯茎の位置が悪いために、歯だけを直しても大きさの不揃いな歯になってしまうためです。

 

修正方法は、矯正をするか、セラミック治療と外科的に歯茎の位置をかえるかを選んでいただいております。

 

この場合は、セラミックと外科的に歯茎の整形・再生を行いました。歯ぐきのないところは歯茎の再生を行い、歯ぐきの多いところは歯ぐきの整形を行います。

 

歯周病の方は、少し方法が変わって、歯ぐきの中の歯石を取ることと、歯周ポケットがなくなる歯周外科という方法を行います。

 

歯茎の再生治療は下がってしまった歯茎を回復させる方法です。移植を伴う場合が多いです。歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページをクリックしてご覧ください。


歯茎の再治療のページ


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2014年

12月

06日

歯茎の再生Blog 知覚過敏を歯茎の再生で治す

知覚過敏の方は多いと思いますが、その原因の多くは歯茎が下がってしまったことによります。

 

歯ブラシをしても痛いという場合はたいてい歯茎が下がってしまい歯の根っこが露出しています。刺激を加えないというのも一つの方法ですが、歯ぐきの再生により歯茎をもとの状態に戻すことで歯の根っこに刺激が伝わることを防ぐこともできます。

 

歯茎の再生のページ

 

歯茎が下がってしまって知覚過敏の方は、とりあえずは歯磨き粉を使用しないで1週間磨いて頂く事をお勧めしております。歯磨き粉の研磨剤が影響して知覚過敏となってしまう事が多いようで、歯磨き粉を使用しないだけで知覚過敏が落ち着く事が多いようです。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む 0 コメント

2014年

11月

11日

矯正後に歯と歯の間の歯茎が下がってしまったケース

歯茎が下がる
歯茎が下がる

歯と歯の間の歯茎と下の前歯は表側の歯茎も下がってしまっています.歯を抜かずに矯正した場合は歯茎が下がりやすくなりますし、歯の重なり合って歯と歯の間の骨が少ない部分の歯茎は下がりやすくなっています。

 

このケースでは再度矯正治療を増骨矯正で行い、矯正後に歯茎再生を行いました.

このケースのように歯と歯の間の隙間は歯茎の再生治療の難しい部分になります。

続きを読む 0 コメント

2014年

11月

09日

歯周病は1日で治りません

歯周病が1日で治る?

 

とお考えの方。だいぶ甘いですね。よく保険がきかない歯石とりで何十万円も支払ったのに歯周病が治らない状態でいらっしゃいます。

 

光で殺菌する、歯周病菌に効果的な水や薬品で殺菌するといったものが最近よく宣伝されているので要注意です。お金を無駄にしてしまいます。

 

1日だけ歯周病菌がいなくなる治療と言うなら正しいのですが、おそらく次の日からはまた歯周病菌がいっぱいの状態になっていると思われます。単に、一般的に消毒したのと数日後には同じですので、高額な治療費をかけるメリットはないのではないかと思います。

 

歯周病は1日で治りません。

 

歯周病は他の成人病と一緒で生活習慣病です。歯ブラシや生活の習慣が変わらないと歯周病が1週間もあれば再発します。

 

まずは、歯ブラシの習慣の確認と改善、そして歯石取り、歯周病で骨の無い部分は再生治療と言う流れになります。

 

歯周病治療の流れのページ

 

 

続きを読む 0 コメント

2014年

11月

01日

歯並びと歯周病 八重歯の歯周病

八重歯の歯並びの場合,歯茎が下がってしまう事に加えて歯周病が重度に進行してしまう場合があります.これは八重歯の部分の歯ブラシが困難な事が原因になります.

続きを読む 0 コメント

2014年

10月

26日

歯茎の再生で審美歯科を行うケース

歯茎の再生治療を行うことで、審美歯科治療の結果をさらに審美的に行うことができることがあります。

 

歯茎が下がって長くなってしまった八重歯を審美歯科治療する際歯茎を回復させることで平均的な長さのセラミックを入れることができるようになります。

続きを読む 0 コメント

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP