歯茎の下りやすさは遺伝的なものかもしれません。

歯茎が下がりやすい方、下がりにくい方がいらっしゃいます。

あなたがもし歯茎がすごく下がってしまっている場合は、よく歯茎を見てみてください。歯茎の下によく見ると赤い毛細血管が透けて見えるような場合は、非常に歯茎が薄く、歯茎が下がりやすいとお考えください。

歯茎が薄い方は、歯茎が下がらないように気をつけて歯ブラシ等を行う必要があります。ゴシゴシ歯ブラシをして歯茎を傷つけてしまうとすぐに歯茎が下がってしまうと考えてください。

また、歯茎の厚みに関しては、ご自身でコントロールすることができない、遺伝的なものと考えられております。そのため、歯茎の薄い方で歯茎が下がってしまった方は歯茎の再生治療などで歯茎の位置を元に戻すのに加えて歯茎の厚みを増して将来的に歯茎が下がらないようにすることが重要になります。

歯茎は一度下がってしまうと自然にはほぼ回復しませんので、現状以上に下がる前に歯茎の再生治療をお早めにされることが望ましいと思います。

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯を抜いてインプラントにする料金よりはだいぶお安い料金となりますが、費用はかかります。料金のページをご覧ください。

歯茎の再生治療の料金のページ

また、歯茎の下りやすさを分類したメイナードの分類というものがありますので、ご参考になさってください。

下がりやすい薄い歯茎とは?

お写真のように、歯茎の中の血管が透けて模様のように見えている場合や、歯の根っこと思われるふくらみが歯茎の上から見える場合は歯茎が下がりやすいと考えられます。

歯茎の退縮しやすさ メイナードの分類

あなたの歯茎が退縮しやすいかどうかを知っておけば、歯茎の退縮の予防がしやすくなります。

知覚過敏を起こしやすい方などは歯茎が退縮しやすいので強く歯ブラシで歯茎をこすったりしないよう気を付けた方が良いでしょう。

歯茎の退縮ですが、歯の周りの環境によって進行が変わります。歯を支えているあごの骨や、歯茎の厚みは、遺伝や歯並びなどによって決まっています。

骨や歯茎の厚みによって歯茎の退縮しやすさが変わります。

それを分類したのがメイナードの分類です。

メイナードは歯茎と骨を4つのタイプに分けています。

 

タイプ1:骨と付着歯肉(歯茎)が厚い 

タイプ2:骨は厚いが付着歯肉は薄い

タイプ3:骨は薄いが付着歯肉は厚い

タイプ4:骨も付着歯肉も薄い

 

となっており、歯肉退縮の診断は

タイプ1は歯肉退縮は起こらない

タイプ2・3は起こりにくい

タイプ4は起こりやすい

となっています。

 

特に日本人の方の下の前歯や犬歯はタイプ4のことが多いので歯茎の退縮が起こりやすいものと思われます。

歯茎の下がりやすさに関連するブログ

2017年

6月

25日

直した方が良い歯茎の退縮について

歯茎が下がってしまう方がいらしゃいます。歯が長くなって見えるかもしれません。

通常、歯茎が下がってしまっても治療方法を歯医者から伝えられることがなく、そのまま歯茎がさらに退縮しないよう見守るしかないのかと判断される患者様もいらっしゃいます。

もちろん、歯茎が下がっても問題がないわけではありません。歯茎が下がると歯を支えている骨もなくなって歯の寿命も短くなってしまいます。やはり歯茎は退縮しない方が良いです。

歯茎が退縮してしまったら、歯茎の再生治療を行って回復させることがお勧めです。ただ、ほんの少しの歯茎の退縮ではそこまでしなくてもと思われる方もいらっしゃると思います。

今回はそこまで歯茎が下がってしまったら歯茎を再生させた方が良いのでは、という歯茎の状態をご説明します。

歯茎の退縮も歯によって異なります。

お写真の方は、全体的に歯茎が退縮してしまっています。

 

よく見ていただくと、歯茎に少し白っぽい歯茎と赤い感じで血管が透けている歯茎があると思います。歯に近い方が少し白っぽい歯茎になっています。

 

白っぽい歯茎は角化歯肉と言って、丈夫な歯茎です。赤い歯茎は粘膜と言って弱い歯茎です。

 

そのため、赤い歯茎の部分まで歯茎が退縮してしまった場合、さらに急速に歯茎が下がってしまう可能性があるため歯茎の再生治療を行い歯茎を回復した上、歯茎の厚みも作って歯茎が退縮しないようにすることをお勧めしております。

お写真左側だけ上下6本の歯茎の再生治療を行っています。

 

歯茎の厚みが増して、歯茎が回復したのがわかるかと思います。

 

歯茎の再生治療は、保険外診療となります。歯茎の再生治療の料金は、下記のリンクページに記載しております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療の料金のページ

 

歯茎の退縮を治したいとお考えの方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。

無料カウンセリングは御予約制とさせていただいております。フリーダイヤルにお電話いただいて、お電話がつながりましたら無料カウンセリングのご予約を取りたいとお伝えください。(営業時間内の受付となります。)

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅のとなりの駅です。)

0120−25−1839

0 コメント

2017年

6月

24日

矯正治療中の歯茎の再生について

矯正治療中に歯茎が下がってきているというご相談をお受けする機会が多くなっていますので、矯正治療中の歯茎の再生治療に関しての内容です。

基本的に、矯正治療中に歯茎の再生治療は行っておりません。歯茎の再生治療は、矯正治療前か、矯正治療後に行います。

これは、矯正治療中に歯がゆれてしまっているため、歯茎と歯根の結合がはがれやすくなってしまうためです。

ただ、当院では、矯正治療中にあまりに歯茎の下がりが大きくなってしまった場合は、そのまま放置しておくと歯の寿命に問題が出てしまうかもしれませんので、揺れてしまっている歯の歯茎の再生治療と同様に、歯を固定してはの揺れを止めた状態で歯茎の再生治療を矯正治療中に行うこともあります。

歯がゆれてしまっている場合は、お写真のように、歯と歯の間を接着剤でしっかりと止めて歯の揺れを押さえた上で歯茎の再生治療を行います。

 

矯正治療と歯茎の再生のページは下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

矯正治療と歯茎の再生のページ

 

矯正治療の際の歯茎の再生治療を希望される方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。原因を確認した上で、治療方法のご説明・お見積りのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

0 コメント

2017年

6月

21日

歯茎の再生が難しい部位の歯茎は下がらないように予防することをお勧めします。

歯茎の再生治療が難しい部分として、下の前歯の裏側の歯茎があります。この部位の歯茎が下がると、歯茎の再生治療で完全に回復できない場合があります。

下の前歯を支える顎の骨は、一般的にどなたも歯の中で一番薄い部分です。そのため、歯茎が下がりやすい部位でもあります。

矯正治療をされた方の中には、歯の根っこの位置が顎の骨から少し飛び出してしまっている場合もありますので、下の前歯の裏側の歯茎が下がってしまうことが起こりやすくなっています。

下の前歯の裏側の歯茎は一度下がってしまうと、回復が難しいので、下がり始めたと感じたらなるべく早めに歯茎の再生治療を行い、歯茎の厚みを厚くして将来的に歯茎が下がらないように予防されることをお勧めしております。

下の前歯の裏側の歯茎が薄く、ほんの少し歯茎が下がり始めてしまっています。将来的に歯茎が下がるのを予防するために歯茎の再生治療を行いました。

 

下の前歯の裏側の歯茎が厚く丈夫になっています。将来的な歯茎の退縮予防に役に立ちます。

 

歯茎の再生治療に関してご存知ない方は、下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療のページ

 

また、歯茎の再生治療を希望される方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますので、この機会にご利用ください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

0 コメント

2017年

6月

19日

歯茎が下がってしまった方の審美歯科治療のご紹介

歯茎が下がって、見た目が悪くなっても気になりませんか?

多くの方は、治療法をご存じないので、歯が長くなってしまっていても放置してしまうことが多いようです。

歯茎が下がった時の新しい歯科治療は歯茎の再生治療です。ご存じなかった方は、確認された方が良いと思います。

歯ならびと歯の長さを気にしてご来院されました。

 

矯正治療を行わないことと歯の色を白くしたいということで、歯茎の再生治療とオールセラミックでの審美歯科治療を行いました。

治療後の状態。歯茎が回復したため、歯の長さが短くなっています。また、オールセラミック治療で歯並びも改善されています。

 

歯茎の再生治療と審美歯科のページ

 

ただいま、歯茎の再生治療と審美歯科治療をまとめて行いたいという方は、無料カウンセリングを行っております。この機会にご利用ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

0 コメント

2017年

6月

15日

歯を抜いた後歯茎が窪んでしまった時の歯茎の再生治療

歯を抜いてブリッジ治療をする際に、歯を抜いた後の歯茎が大きく窪んでしまうことがあります。歯茎が窪んでしまうと大きなはがないって清掃しにくくなったり、見た目が悪くなったりしてしまいます。

今回は、歯を抜いた後の歯茎のくぼみを回復させる歯茎の再生治療をご紹介いたします。

 

 

 歯を抜いた後のくぼみに合う形の歯が入っているため、かなり大きな歯が前歯に入っています。

 

歯を抜いた後のくぼみが出来てしまうと形の悪い差し歯が入ってしまい、お掃除も難しくなります。形の良い差し歯にするために、歯茎を回復させてブリッジを入れることで歯ブラシもしやすくなります。

 

 

オールセラミックブリッジが入っています。

歯を抜いて窪んでしまった歯茎を歯茎の再生治療を行うことである程度回復することができ普通の大きさの歯が入りました。

 

清掃がしやすい形になりました。

 

歯茎の再生治療のページ

0 コメント

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP