成人矯正をされる方の注意 歯茎の問題点

矯正治療をされた方の中には歯茎が下がってしまうという問題を抱えられてしまう方もいらっしゃいます。回復させる方法のご紹介です。

矯正治療後に歯茎が下がってしまうことがあります。

見た目だけの問題ならよいのですが、知覚過敏や歯周病・虫歯のリスクが増してしまします。

また、歯茎が年齢とともにさらに下がって行ってしまいますので、放置しておくと歯を残すのが困難なケースとなってしまうことがあります。

矯正治療で歯茎の下がる部分は、ほっぺた側の歯茎と歯と歯の間の歯茎によく起こります。

通常ほっぺた側の歯と歯茎の境界の歯茎が下がってしまった場合は歯茎の再生治療、歯と歯の間の歯茎が下がってしまった場合は詰め物の治療で対処しております。

リンクページ

矯正治療後に歯茎が下がってしまった方の歯ぐきの再生治療

矯正治療をされた方で全体的に歯茎が下がってしまう方もいらっしゃいます.こういったケースでも全体的に歯茎をさせいさせる事ができます.


ただ、歯茎の退縮が重度になってしまった場合や、歯周病を併発してしまった場合の治療は困難になりますので、お早めに歯茎を回復させる事をお勧めしております.

歯ぐきの再生治療後
上の方の歯ぐきの再生治療後の状態

前歯を中心に全体的に歯茎の再生治療を行う事で歯茎を回復させています.歯茎を回復させる事で、将来的な歯茎の退縮を予防し、歯周病から歯を守ります。


歯周病が進行してしまった場合は骨の再生治療を行う必要がある場合もあります.歯ぐきの再生治療を希望の方は、まず無料カウンセリングにお越しになる事をお勧めしております.


まだ矯正治療を始めていない方は歯茎が下がらないようにする矯正方法もあります。

成人矯正をされる場合考えなくてはいけないのが、歯茎が下がってしまうことです。矯正治療中あるいは矯正治療後しばらくして急速に歯茎が下がってしまうことがあります。

せっかく矯正治療を行って歯並びが良くなっても歯が長くなってしまったなどのご相談をいただきます。歯が長くなると見た目の審美的な問題が起こってしまいます。

矯正治療後に歯茎の問題を回けるする方法は歯茎の再生治療です。そして、矯正治療前にあごの骨の状態を確認して骨のない部分にあらかじめ骨を作ってから矯正治療を行う方法が増骨矯正法です。

通常、矯正治療後に歯茎が下がってしまったというご相談をお受けしますので歯茎の再生治療が適応になるかと思います。詳しくは歯茎の再生治療のページをご覧ください。

歯茎の再生治療のページ

歯列矯正で歯茎が下がってしまう原因として、歯を抜かずに広げる場合などの時、歯が骨から飛び出してしまうことがあります。そういった場合を含めて、矯正治療は歯の周囲の骨にケアをした治療法ではないため、歯の並んだところに骨がなかったというケースも多くなります。

こういったケースでは歯茎が退縮して歯が長く見える上に、歯の寿命が短くなります。

矯正前に骨と歯茎を再生・増殖することが必要です。

矯正中の歯茎の退縮予防する方法について 増骨矯正法

急速増骨矯正は歯茎の退縮を予防します。

あごの骨がなくて歯茎が下がってしまう方は、矯正治療前に骨を増やして矯正治療を行います。この方法を急速増骨矯正法と言っています。矯正治療で歯茎が下がってしまうケースの多くは骨のない部分に歯を移動させてしまったことにより起こります。骨を増やすことで安心して歯の移動を行うことが可能になります。

歯並びを気にされて来院されました。

歯茎が長くなってしまっているため、そのまま矯正をするともっと歯が長くなってしまいます。

歯茎の再生と同時に矯正をする急速増骨矯正法を行いました。

左の写真から1か月後の状態

上の歯には白い審美矯正装置を使用しています。また、前歯の形は削って丸くしています。

下の前歯は仮歯にしています。

通常の矯正治療ではこの結果は出ません。


矯正治療を始める前に歯茎の確認をしましょう

成人の方が、歯の矯正治療をする場合、矯正後の歯茎の下がりに気を付ける必要があります。

ねじれている歯を並べるとき、歯と歯の間の歯茎がさがり、三角形の隙間ができることがあります。

この隙間をブラックトライアングルと言っていますが、成人の矯正の場合よく見かけます。

 

 

歯茎の退縮
歯茎の退縮

ねじれている歯の歯と歯の間の隙間にあるあごの骨が、非常に薄いことが多いため、矯正移動中に気を付けないと歯茎が退縮してしまいます。

矯正前後に行う歯茎の再生治療は歯茎の退縮を回復します。

矯正前に歯茎の退縮の予防と再生がお勧めのケースです。

歯茎が薄い方、少し下がり始めている方は、矯正をする前に歯茎の再生治療で矯正後の歯茎の退縮を予防します。通常は矯正治療後に行いますが、治療前にすでに歯茎が下がってしまっている方は矯正前に歯茎の再生治療を行うほうが良いことがあります。

歯茎が薄く歯茎が退縮しています。

矯正治療中にもっと歯茎がさがる可能性があります。

矯正中は歯ブラシもしにくくなるので、歯茎の再生を矯正前に行うことにしました。

歯茎の再生で、歯茎の厚みを出し、歯の長さをもとに戻しました。また、歯茎の退縮の予防をになります。


矯正治療後に歯茎の再生を行ったケース

矯正治療で歯の凸凹を治される方は歯茎に注意です。

矯正後のはぐき退縮
矯正後のはぐき退縮

凸凹の歯を抜かずに矯正された場合,歯の位置が顎の骨の外に出てしまって見えるくらい歯の根っこが歯茎を通して透けて見えるケースがあります。

そういったケースは歯茎が下がりやすくなります。

歯茎再生後
歯茎再生後

歯茎再生で歯茎を回復する事ができました。歯茎が下がりにくくはなりますが,今後も経過を見る必要があります。


矯正治療後に全体的に歯茎が下がってしまう事もあります.そんな場合は歯ぐきの再生治療です.

矯正治療後に歯茎の退縮
矯正治療後に歯茎の退縮 クリックして拡大

矯正治療後に下の前歯の歯茎が下がってしまう事がよくあります.このお写真の場合は、下の歯6本が全体的に下がってしまっています.

歯ぐきの再生治療後
歯ぐきの再生治療後 クリックして拡大

歯ぐきの再生治療で下がってしまった下の歯茎が再生されました。


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

矯正専門医の方からのご紹介も承っております.

矯正治療後に歯茎が下がってしまってお困りの矯正専門医の先生からのご紹介も承っております.

矯正治療では歯を並べる必要がありますので、歯茎が下がってしまう事があります.患者様が歯茎が下がってお困りの場合、当院にて歯ぐきの再生治療のみを行う事も可能です.

患者様に当院の無料カウンセリングのご予約のお電話をしていただくようにお伝えください。

矯正と歯茎の関連ブログ

2017年

6月

24日

矯正治療中の歯茎の再生について

矯正治療中に歯茎が下がってきているというご相談をお受けする機会が多くなっていますので、矯正治療中の歯茎の再生治療に関しての内容です。

基本的に、矯正治療中に歯茎の再生治療は行っておりません。歯茎の再生治療は、矯正治療前か、矯正治療後に行います。

これは、矯正治療中に歯がゆれてしまっているため、歯茎と歯根の結合がはがれやすくなってしまうためです。

ただ、当院では、矯正治療中にあまりに歯茎の下がりが大きくなってしまった場合は、そのまま放置しておくと歯の寿命に問題が出てしまうかもしれませんので、揺れてしまっている歯の歯茎の再生治療と同様に、歯を固定してはの揺れを止めた状態で歯茎の再生治療を矯正治療中に行うこともあります。

歯がゆれてしまっている場合は、お写真のように、歯と歯の間を接着剤でしっかりと止めて歯の揺れを押さえた上で歯茎の再生治療を行います。

 

矯正治療と歯茎の再生のページは下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

矯正治療と歯茎の再生のページ

 

矯正治療の際の歯茎の再生治療を希望される方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。原因を確認した上で、治療方法のご説明・お見積りのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

0 コメント

2017年

6月

21日

歯茎の再生が難しい部位の歯茎は下がらないように予防することをお勧めします。

歯茎の再生治療が難しい部分として、下の前歯の裏側の歯茎があります。この部位の歯茎が下がると、歯茎の再生治療で完全に回復できない場合があります。

下の前歯を支える顎の骨は、一般的にどなたも歯の中で一番薄い部分です。そのため、歯茎が下がりやすい部位でもあります。

矯正治療をされた方の中には、歯の根っこの位置が顎の骨から少し飛び出してしまっている場合もありますので、下の前歯の裏側の歯茎が下がってしまうことが起こりやすくなっています。

下の前歯の裏側の歯茎は一度下がってしまうと、回復が難しいので、下がり始めたと感じたらなるべく早めに歯茎の再生治療を行い、歯茎の厚みを厚くして将来的に歯茎が下がらないように予防されることをお勧めしております。

下の前歯の裏側の歯茎が薄く、ほんの少し歯茎が下がり始めてしまっています。将来的に歯茎が下がるのを予防するために歯茎の再生治療を行いました。

 

下の前歯の裏側の歯茎が厚く丈夫になっています。将来的な歯茎の退縮予防に役に立ちます。

 

歯茎の再生治療に関してご存知ない方は、下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療のページ

 

また、歯茎の再生治療を希望される方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますので、この機会にご利用ください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

0 コメント

2017年

6月

18日

歯茎の再生治療 〜下の前歯〜

成人の方が矯正治療をされる際に、歯茎が下がりやすいかの確認をされることをお勧めしております。

30歳位以上の方の7割ほどが歯周病と言われていますので、成人矯正治療をされる方の中には歯周病が進行してしまっているかもしれません。

歯周病の方は天然の歯もインプラントの歯も歯茎が下がってしまうことがあります。また、歯並びが悪い場合は特に歯茎が下がりやすくなります。

矯正治療を始める前に、歯茎が下がりにくくするために歯茎の再生治療を行うことや骨を増やす増骨処置を行ってから矯正治療を行った方が良い場合もあります。

矯正治療前に歯茎の下がってしまっている部分の歯茎を再生させます。

矯正治療でさらに歯茎が下がらないように、歯茎の厚みを増して歯茎の位置も回復させています。

 

歯茎の再生治療のページ

0 コメント

2017年

6月

01日

全体的な歯茎の再生治療

矯正治療後全体的に歯茎が下がってしまったという方がいらっしゃいます。こういった方は、歯周病の炎症は起こっていない場合が多く、炎症がないので歯茎の再生治療をすぐに行うことができます。

矯正治療で歯が長くなってしまっても中にはご本人が気づいていないこともありますが、歯が長くなってしまている場合は、歯の寿命が短くなってしまうので早めに歯茎の再生治療をされることをお勧めしております。

矯正治療後に全体的に歯茎が下がってしまった患者様の歯茎の再生治療ケース

矯正治療後、矯正の先生に歯が長くなっていると指摘されて歯が長くなったのに気づいてご来院されました。

 

このまま放置しておくと、歯がダメになってしまう可能性がありますので、歯茎の再生治療で歯茎を回復させることをお勧めしました。

上下2回に分けてご自身の皮膚を使用しての歯茎の再生治療を行いました。

 

歯茎の下がっている量が大きかったため、部分的に修正が必要な箇所もありますが、全体的には大きく歯茎が回復しました。

 

こういったケースでは、人工の皮膚を使用する方法もありますが、人工の皮膚は数年後に後戻りを起こす可能性が高いので、ご自身の皮膚を使用することをお勧めしております。

 

歯茎の再生治療と矯正のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

 

 

0 コメント

2017年

5月

18日

急いで歯ぐきの再生治療が必要な場合。

もしあなたの歯茎が下がり続けているとしたら要注意です.歯茎の粘膜を超えて歯茎が下がらない様にする事が大切です.

歯茎の退縮は感染がない歯周病が進行してしまった状態です。歯茎と歯の接着が失われてしまっています。

歯茎の退縮した状態を歯茎の再生治療で解消して歯茎を安定させます。

歯茎が粘膜を超えて下がってしまった状態の治療

歯茎の退縮
歯茎の退縮

歯茎が退縮してしまい、歯が長くなってしまっています。歯茎の腫れはありませんが歯周病の進行した状態と変わりません。この状態を安定させることは難しと思われます。それは、歯磨きが難しい上歯磨きをするとさらに歯周病が進行して歯茎が退縮してしまうからです。

歯茎の退縮
歯茎の退縮

歯茎の再生治療で歯茎と歯がくっつきました。歯周病のメンテナンスを今後丁寧に行うことで今後の歯周病の進行を予防することができます。


歯ぐきの再生治療に関しまして詳しいご説明を下記のリンクページに記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

歯茎の再生のページ

歯ぐきの再生治療をご希望の方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

まずは無料カウンセリングのご予約をお取りください.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2017年

5月

11日

歯茎の再生ブログ 患者様の感想

歯茎を再生させると言っても何をするのかわからず、処置をする前に怖いのではないかと思ってしまう患者様がよくいらっしゃいます。

 

実際に処置をされた患者様は、あまりに簡単な処置のために、びっくりすることが多いです。実際2~3割の患者様は痛みどめも飲まずに済んでいるようです。

 

心配されている患者様ように、治療を受けられた患者様に感想を書いてもらっています。もちろんすべての方が同じではないのですが、参考にしていただいてよいと思います。

 

 

クリックで拡大
クリックで拡大

<歯茎の整形>

左右の前歯の長さが違うため、歯茎の整形をしていただきました。

私の場合は、長さの短い歯の歯茎を切開し、左右の歯の長さを同じにするというものでした。

最初その説明をうかがった時には、切開、縫合、抜糸・・・・想像しただけでもいたそうですし、食事に支障はないかなどいろいろ心配ですぐにお願いしますとはお返事できませんでした。それでも先生の「ほとんどの方に痛みは出ませんよ」のお言葉を信じ整形をしていただきました。心配をして損をしていまいました。麻酔が切れても痛みは全くなく、いただいた鎮痛剤を使うこともありませんでした。

きれいに長さのそろった前歯を見ると歯の長さが審美面において大切な要素だと分かりますね。先生ありがとうございました。


歯ぐきの再生治療に関しましては下記のページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

歯茎の再生お問い合わせのページ


また、歯ぐきの再生治療をお考えの方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

03-3251-3921

0120-25-1839

 

0 コメント

2017年

5月

07日

矯正治療後の歯ぐきの再生

矯正治療で歯並びが良くなったけど歯茎が下がってしまったという事があります.歯並びの悪かった部分の歯は歯の周囲に骨が無いため歯を並べた後に歯茎が下がってきてしまう事があります.


お写真のケースのように歯茎が下がってしまった場合、歯茎が下がっている部分がお口の粘膜の部分まで進行してしまっていますので、お掃除がしにく状態となってしまっています.こすると痛いでしょうし,強くこすると歯茎が下がってしまうという歯ブラシの難しい状態となっています.


歯ブラシが出来ないと歯周病が進行してしまう可能性が高まりますし、歯茎が下がってしまった歯が歯周病にかかると歯を抜く事になる可能性が高まります.


このケースのように歯の粘膜に達する歯茎の退縮は歯周病の予防のために、歯ぐきの再生治療で回復させる事をお勧めしております.歯茎を回復させてしっかりと歯磨きの出来る状態が理想的な状態といえます.


歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに症例など詳しい内容を紹介させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.


歯ぐきの再生治療のページ


また、ただいま歯茎の再生治療を希望される方に無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921


八重歯の歯茎は下がりやすい
八重歯の歯茎は下がりやすい

例えば八重歯の方は矯正治療前に既に歯茎が下がってしまっている事もあります.


歯並びの悪い部分の歯茎は下がりやすい事が知られています.

0 コメント

2017年

4月

27日

歯科矯正中の歯茎の再生 急速増骨矯正法

歯茎の下がった方や、あごの骨の薄い方が矯正治療を希望された場合の治療法に増骨矯正法があります。

 

文字通り、あごの骨を増やしながら矯正治療を行う方法です。すでに歯茎が下がってしまっている場合は歯茎の回復も同時に行う場合があります。

増骨矯正法のケース

歯並びを気にされて来院されました。

歯茎が長くなってしまっているため、そのまま矯正をするともっと歯が長くなってしまいます。

歯茎の再生と同時に矯正をする急速増骨矯正法を行いました。

 

左の写真から1か月後の状態

上の歯には白い審美矯正装置を使用しています。また、前歯の形は削って丸くしています。

下の前歯は仮歯にしています。

通常の矯正治療ではこの結果は出ません。


成人の方の矯正治療をする場合歯茎の状態をしっかりと確認しないと、大変なことになることがあります。

歯は並んでも、歯茎がすごく長くなることがあります。見た目以上に歯の寿命が短くなりますので問題です。

矯正前にしっかりと歯茎の再生を行うことが重要です。矯正治療をお考えの方の歯茎の退縮に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております。ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

矯正と歯茎の再生のページ

また、矯正治療をお考えの成人の方の歯茎の御相談は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

03-3251-3921

 

詳しい具体的な話が知りたいとお考えの場合は無料カウンセリングにお越しください。お口の中の状況を確認して治療のご説明、治療費のお見積りをいたします。

 

無料カウンセリングのご予約は申し訳ありませんが、現在お電話のみの受付とさせていただいております。

 

営業時間

 

11:00~20:00

 

昼休み

 

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日となります。

 

ご予約は混みあっておりますので、無断キャンセルなどされた場合は他の患者様の迷惑となるため、次のご予約をお取りしないことになっております。確実にご来院できるお日にちでご予約をお取りください。

 

0 コメント

2017年

4月

20日

矯正歯科を行っている先生からの紹介もいただいております。

歯は並んだけれとも歯茎が下がってしまっている。

お写真のような状態はいかがでしょうか?

見た目が悪いと思いますか?それとも歯が揺れているのが問題ですか?

歯周病が進行してしまう事が問題でしょうか?

歯列矯正を行っている途中に歯茎が下がってしまってお困りの先生から患者様のご紹介をいただくことが出てきましたので、ご紹介いただくときの流れをご説明させていただきます。

歯茎が下がっている部分を含めて無料カウンセリングをさせていただきます。ただ、通常の無料カウンセリングでは診断ができない場合は、状況を詳しく確認させていただくためにCTを撮影させていただきますので、片顎¥5,000-(税別)がかかります。

紹介状などご用意いただくものは特にございません。患者様の方から無料カウンセリングのご予約のお電話をいただければ大丈夫です。

当院としては通常通りのお見積もりをお出しします。ただ、矯正治療中の方の場合は歯茎が下がってしまっている部分のCTを撮影しますのでCTの料金が片顎¥5,000-(税別)が追加でかかります。

領収書の宛名など細かい指定のある場合はその旨ご連絡ください。

歯ぐきの再生治療のページはこちら

歯茎が下がってしまって、気になさっている方は、悩んでいないで今すぐフリーダイヤルでお電話ください.お電話がつながりましたら、歯茎が下がってしまっているので無料カウンセリングの予約を取りたいとお伝えください.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F  スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

それではお待ちしております.

0 コメント

2017年

3月

28日

矯正治療で下がった歯茎と歯茎再生

矯正治療を経験された方で歯茎が下がることが多いように感じます。もちろん矯正後も問題のない方も多いのですが、特に歯を抜かずに矯正治療を行った方に歯茎が下がってしまう方が多いようです。

 

歯茎が下がってしまってご相談にいらっしゃる方の中には歯並びはいいけど歯茎が下がってしまっているという方も多くいらっしゃいます。

 

矯正治療によって歯の位置が顎の外側に来てしまうと歯茎が下がりやすくなります。また、歯と歯の間の歯茎が下がってしまう方もよくいらっしゃいます。

 

歯茎再生は下がってしまった歯茎をもとの位置に戻す方法です。矯正治療で歯茎が下がってしまっても歯茎再生で戻すことができます。ただ、歯と歯の間の歯茎に関しては歯茎再生で戻せる量が限定的となります。

 

歯と歯の間の歯茎の下がった部分は再生治療が難しいので、もし歯と歯の間の隙間が気になる場合は、レジンという詰め物で埋めるか、ラミネートべニアなどの審美歯科治療で埋めるようになります。

歯茎再生に関しては症例の紹介や、注意点の詳しい解説を下記のリンクページで行っております。ご興味のある方は下記のリンクをクリックしてご覧ください。

歯茎再生のページ

矯正治療を行った方の歯並びは綺麗に並んでいますので、歯茎の移植は比較的容易に行うことができます。

 また、当院では歯茎再生を希望される方に対して無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

2017年

3月

27日

歯茎再生のご案内 歯茎の回復治療です。

歯茎再生という言葉は聞き慣れないかと思います。

 

歯茎が下がってしまった方の歯茎を回復させる方法を歯茎再生と言っています。歯茎が下がってしまってお悩みの方には良い治療方法だと思います。

 

よくある誤解ですが、歯茎が下がってしまうのは加齢現象ではありません。炎症や不適切な歯ブラシの使用が原因になることがほとんどです。遺伝的に歯茎の薄い方は特に歯ブラシの仕方に気をつけないと歯茎が下がってしまいます。

 

そのため、年齢にはほとんど関係なく歯茎の再生を行うことが可能になります。年齢とともに歯茎が下がってしまった方も、適切な歯茎の厚みを歯茎の再生法で回復し、歯ブラシに気を付けていただければ将来的に歯茎を下がらないようにできます。

 

歯茎の再生に関して、残念ながら歯茎は下がってしまうと通常自然にははもとには戻りません。歯茎の移植を伴う処置を歯茎の移動とともに行うことで歯茎をもとの状態にします。これにより歯茎の下がった部分の歯茎再生がおこります。歯茎の厚みを出して将来的な歯茎の下がることを予防する上、歯茎の位置を元の位置に回復させます。

 歯茎の再生治療に関する注意や症例は歯茎再生のトップページよりご案内しております。下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

歯茎再生トップ

また、無料カウンセリングを行っておりますので、歯茎の再生の必要性を感じられている方はご利用ください。治療法のご説明とお見積りのお渡しをいたします。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

03-3251-3921

0120-25-1839

0 コメント

2017年

3月

15日

あなたも下がった歯茎を再生させませんか?

下がった歯茎
下がった歯茎

ご存知でしょうか?


歯茎が下がってしまって気になさっている方は歯茎の再生治療を行っています.


この方のように、噛み合わせが強く当たってしまっている場合は、歯並びをマウスピース矯正で治す必要がある事もあります.



歯茎を回復
歯茎を回復

同じ方の歯茎とは思えない程歯茎がしっかりとした状態になっています.


歯茎がしっかりとする事で、将来的にも歯茎が下がりにくくなります.

歯茎が下がったときの歯ぐきの再生治療のご紹介.

歯ぐきがやせた、歯ぐきが下がった、歯ぐきが退縮した、歯が長くなったらどうしますか?そのまま放置するしかないと思っている方がほとんどのようです.

 

解決法は歯ぐきの再生治療です.

 

歯茎の再生治療とは、歯茎がやせて歯が長くなってしまった場合、歯茎の移植と歯根膜と呼ばれる歯と歯ぐきをつなぐコラーゲンの再生を行い、歯茎を回復することです。

 

結合組織移植術またはCTGとも言われます。

 

この処置に関してはほぼ痛みはなく痛み止めを1回飲んで頂ければほとんど痛みが出る場合はなく、腫れたりすることもありません。処置時間は一時間程です.

 

歯茎の再生

 

歯周病で歯を支えている骨が吸収してしまっている場合は歯茎を再生する事が難しい事があります.まずは、無料カウンセリングにて歯茎の状態を確認される事をお勧めしております.

また、矯正治療後の歯と歯の間の歯ぐきの再生治療は困難な場合もございます。歯ぐきの再生治療ではなく歯と歯の間を埋める詰め物やラミネートベニアなどの審美修復物をお勧めする場合もございます.歯と歯の間の歯茎が下がってしまったケースに関する治療は下記のリンクページをご覧ください.

歯と歯の間の歯茎が下がった場合の治療のページリンク

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

2017年

3月

13日

矯正治療前に歯茎を増やす必要のあるケース

矯正治療を行うと歯茎が下がってしまう場合があります。

すでに歯茎が下がり始めてしまっている場合は、矯正治療前に歯茎が下がらないようにしないと、矯正治療後には歯茎が下がってしまって、長い歯になってしまいます。

特に成人の方の矯正治療を行う際には歯茎が下がりにくいようにして矯正治療を行うことをお勧めしております。

具体的には歯茎の再生治療や増骨矯正法で歯茎の厚みを厚くしてから矯正治療を行います。

歯茎が下がってしまっている方の矯正治療

矯正前に歯茎の治療
矯正前に歯茎の治療

矯正治療で歯茎が下がる事がありますので、特に成人の方が矯正治療を行うのでしたら注意する必要があります.

 

お写真の方のように歯茎が下がってしまっている方の歯並びの治療を矯正治療で行う場合,矯正治療を行う事でさらに歯茎が下がってしまう事が予想されます.

 

矯正治療を行う場合,歯並びの悪いところの歯茎が下がってしまっている事があります.歯茎が薄いために歯茎が下がってしまっているケースがあります.

 

こういったケースで矯正治療を行う場合歯茎がさらに下がってしまう可能性が高いため、矯正治療前に歯茎の移植を伴う歯茎の再生治療を行う事で、矯正治療中の歯茎の下がりを予防します.

 

矯正治療をご検討の方,歯茎が下がってしまわないようにしたいのであれば、ご相談ください.ただいま無料カウンセリングを行っております.

 

歯茎の再生のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

2017年

2月

26日

歯茎再生を矯正前に行うケース

歯茎が退縮してしまっている方が矯正治療を希望される場合は、矯正治療前に歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております.

歯茎が退縮して歯並びの悪い部分は矯正治療中にさらに歯茎が退縮してしまう事が考えられますので、矯正治療前に歯ぐきの再生治療を行い,矯正治療中に増骨矯正法を行う事をお勧めしております.

歯茎が退縮してしまったケース

歯茎の退縮
歯茎の退縮

歯茎が下がってしまっている方の矯正治療を行う場合,矯正前に歯茎の再生治療を行うか矯正治療後に歯茎の再生治療を行うかは歯茎の状態によって判断します.

 

お写真のケースでは、歯並びをそろえるために歯並びを少し広げる必要があります.歯並びを広げる必要があるのに歯茎が薄く下がってしまっているため,矯正治療前に歯茎の再生治療を行い、矯正時に骨を作るために増骨矯正法を行います.

 

歯茎の下がる可能性の少ないケースでは矯正治療後に歯茎の再生治療を行っても大丈夫です.

矯正治療前の歯茎の再生
矯正治療前の歯茎の再生

下がった歯茎の再生治療を行いました.下の前歯の歯茎が回復しております.この後、急速増骨矯正法で顎の骨を増やしながら矯正治療を行います.

 

歯茎の再生治療と矯正治療についてのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

0 コメント

2017年

2月

06日

矯正治療でも下がらない歯茎の作り方

成人の方で、矯正治療をされる方の多くは歯茎が下がってしまいます.歯茎が下がるのは加齢現象ではなく、若くても歯茎が下がってしまう事があります.

下がらない歯茎、下がりにくい歯茎にするためには歯ぐきの再生治療にて歯茎の厚みを増やすか、増骨矯正法にて骨の厚みも合わせて増やす事で歯茎が下がりにくくなります.

矯正治療で歯茎が下がらないように。

あまりご存知の方が多くないのですが、矯正治療をすると歯茎が下がることがあります。特に成人の方の矯正治療で歯茎が下がってしまうことがよく起きます。

 

矯正治療を始めようとお考えの方は、矯正前に歯茎がさがってこないか確認してから始められた方が良いでしょう。

 

成人の方の矯正治療では、要注意です。歯を抜かずに治す場合、歯列を拡大する方法を取る場合は歯茎が下がってしまいやすくなります。そのほかには、歯が重なっているときやねじれているときは歯と歯の間の歯茎がさがりやすくなります。

 

さがりやすい場合は、治療前に増骨矯正法という方法があります。矯正前に骨を増やしてから歯を移動する方法です。骨の厚みを増やすことが可能です。

 

また必要に応じて歯茎の再生を移植を伴う方法にて行うことで、歯茎が回復します。

 

成人矯正

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

03-3251-3921

営業時間

11:00~20:00 (水曜木曜土曜は18:00まで)

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。

0 コメント

2016年

12月

31日

矯正治療前の歯茎の再生治療について

成人の方で矯正治療を行う方は歯茎の退縮の確認をしてください.

矯正治療中に歯茎が下がってくる場合もありますし、矯正治療後に歯茎が下がる事もあります.

矯正治療前に歯茎が下がってしまっている方は、矯正装置を装着後すぐに、まず人工骨を歯茎の中に入れて骨の幅を増やします。そして矯正終了後歯の揺れが落ち着いてから歯茎の再生を行います。

この方法は増骨矯正法の方法を行います。骨の幅を増やしてから歯茎を再生させた方が、歯茎が将来的に下がるリスクが大幅に減ります。また、歯の後戻りを予防します。

矯正治療と歯茎の再生のページ

 

矯正治療と歯茎の再生のページでは、矯正前後の歯茎の再生治療のご説明や、矯正後に歯と歯の間の歯茎が下がらないようにする方法などのご説明をしております。矯正治療をされている方や、矯正後に歯茎が下がってしまった方はこちらのページをご覧ください。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

0 コメント

2016年

12月

28日

矯正後の歯茎の退縮を歯ぐきの再生で治したケース

矯正治療の後歯茎が下がる事が最近知られてきています.何となく歯が長くなってしまったと言う場合と、明らかに下がってしまって見た目じょう気になってしまうと言う場合もあります。

特に歯茎の粘膜に至る歯茎の退縮に関しましては早めに治した方が良いとご説明させていただいております.

矯正専門医の先生からのご紹介をいただく事もあります.

矯正後の歯茎の退縮治療ケース

矯正治療後にきれいな歯並びになったと言う事ですが,歯茎が下がってしまい、治療のご紹介をいただきました.

歯茎の退縮は歯茎の粘膜に達していますので歯磨きが困難になってしまう事、さらに退縮が進行する可能性がある事、見た目を考えると歯茎をもとの状態に回復される事がおすすめとなります.

2週間後の状態。前歯4本のはぐきがたい祝してしまった部分を移植を伴う歯ぐきの再生治療にて治療を行っております.治癒経過は良好です.

 

歯ぐきの再生治療のページ


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

メモ: * は入力必須項目です

0 コメント

2016年

12月

19日

歯茎の回復と歯茎再生

歯と歯の間の歯茎が下がってしまった場合は、歯ぐきの再生治療単独では回復が難しい事があります.

歯と歯の間の隙間の治療の参考例のご紹介です.

歯と歯の間の隙間を埋める方法

歯茎が下がる
歯茎が下がる

歯茎が下がってしまったケース

全体的に歯茎が薄く歯の根っこが外から見て膨らんで見えてしまうこういったケースは歯茎が下がりやすいケースです。

このケースでは、歯の根っこの周りの骨も増やした上で歯茎再生で歯茎を回復させます

このケースでは歯と歯の間の距離があるため矯正治療で歯を寄せています。

歯茎再生
歯茎再生

歯茎の中の骨と移植した歯茎で厚みを足しています.

歯の根っこの周りの骨と皮膚の厚みが増していますので、今後は歯茎が下がりにくくなります.


このケースのように歯と歯の間の歯茎が下がってしまった場合は、歯茎の再生に加えて矯正治療やラミネートベニアなどの審美歯科治療が必要になる事があります。詳しくは下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯と歯の間の歯茎の隙間の治療法のページ

 

歯茎の再生と矯正治療のページでは、矯正後に歯茎が下がってしまった歯茎を回復したケースだけでなく、矯正前に歯茎を回復させてから矯正治療に入ったケースのご紹介もさせて頂いております。矯正治療を行っている方はご参考になさってください。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6Fスターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120-25-1839

03−3251−3921

0 コメント

2016年

12月

12日

矯正後に歯茎が下がってしまった方へ 歯茎の再生治療

矯正治療の後歯茎が下がるケースを良く拝見いたします.矯正中に歯の根っこの位置が骨の位置よりはずれたところに移動すると歯茎が下がりやすくなります。

いったん歯茎が下がってしまうと歯ブラシなど、いろいろ工夫されてももとには戻りません。それどころか、日が経つに従って歯茎がさらに下がってしまいます.

歯茎の再生治療を行う事で歯茎をもとの状態に戻し、今後の歯茎の下がりを予防します.

詳しい内容は歯茎の再生のページへ

矯正後に歯ぐきの再生治療をしたケース

歯茎の退縮
歯茎の退縮

矯正治療後歯茎が下がってしまいました.

歯茎が薄くて、歯の根っこが歯茎を通して透けて見えます.

歯茎の再生治療を行います.

歯茎再生
歯茎再生

歯茎を再生する事で知覚過敏も予防できます.

また、歯茎の厚みが増した事で今後歯茎の下がる心配が減りました.


歯ぐきの再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2016年

12月

09日

矯正治療後に絶望的に歯茎が下がってしまった方の歯ぐきの再生治療

矯正治療後に歯茎が下がってしまって悩まれている方が大勢いらっしゃっております.歯の根っこも短いし治らないと言われて歯を諦めている方も回復するかもしれません.

今回は、矯正治療後に歯の根っこが短くなって歯の先端付近まで歯茎が下がってしまった場合の歯ぐきの再生治療例のご紹介をいたします.

矯正治療で歯並びは良くなったけど歯茎が下がってしまった場合の治療例

矯正治療後に歯茎が下がってしまったケース 治療前
矯正治療後に歯茎が下がってしまったケース 治療前

歯茎が下がってしまった所にレジンという詰め物をしていますが,歯茎は下がってしまったため歯の長さが長くなってしまっています.

 

こういったケースでも歯ぐきの再生治療は可能です.

矯正治療後に歯茎が下がってしまったケース 治療後
矯正治療後に歯茎が下がってしまったケース 治療後

前歯と犬歯に歯ぐきの再生治療を行いました.元の歯茎の位置に近くなりました.非常に満足して頂きました.

 

このケースのように歯茎の再生治療は可能な場合が多いのですが,多くの歯科医院では歯ぐきの再生治療を行っておりませんので、知らない患者さんは歯茎を諦めている事も多いようです.

 

歯ぐきの再生治療は神田ふくしま歯科までご相談ください.

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

 

このケースでの料金は¥70,000−(税別)となります.

0 コメント

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP