前歯の歯茎の再生治療例

前歯の歯茎が下がってしまって、見た目が悪いというご相談を受けます。年々歯茎がなくなっていき、歯がどんどん長くなってしまうのを心配されてご来院されます。

前歯の歯茎の再生治療は、単に歯茎を回復させるだけでなく、綺麗な見た目にする必要もあります。歯茎を切った傷が残ってしまうと歯茎の再生治療をした意味も半減してしまいます。

今回は前歯の歯茎の再生治療を綺麗に行う治療例をご紹介いたします。

前歯と八重歯の歯茎の再生治療例

前歯の歯茎の再生
前歯の歯茎の再生

前歯の歯茎が下がってしまっているケース 

前歯の歯茎の再生
前歯の歯茎の再生

治療前

前歯の歯茎の再生
前歯の歯茎の再生

歯茎の再生治療後2週間、下がってしまっていた歯茎の部分に歯茎が覆い露出していた歯の根っこが隠れました。歯茎に傷をつけずに歯茎の再生治療を行うことができました。

前歯の歯茎の再生
前歯の歯茎の再生

再生治療後

歯茎の再生後しっかりと歯ブラシを開始した後の状態ですが、歯茎が引き締まっています。また丈夫ですので、しっかりと歯ブラシをしていただいて大丈夫です。丈夫で綺麗な歯茎を再生することができました。

前歯と八重歯の歯茎の再生治療例

前歯の歯茎の再生治療
前歯の歯茎の再生治療

前歯の及び八重歯とその隣の歯の歯茎が下がってしまってはの長さが長くなってしまっています。こういったケースでも歯茎の再生治療は可能です。

前歯の歯茎の再生
前歯の歯茎の再生

歯茎の再生治療後

前歯はオールセラミックで治療を行っております。前歯の長さが短くなっているのにご注目ください。また、歯茎の再生地利用を行なった部分の歯茎は非常に綺麗な状態で歯茎が回復しております。

下の前歯の歯茎の再生治療例

前歯の歯茎の再生
前歯の歯茎の再生

下の前歯の歯茎が下がってしまっても回復できる場合があります。歯茎が下がって下の前歯が長く見えます。こういった感じに複数の歯茎が下がってしまっても歯茎の再生治療が可能です。

前歯の歯茎の再生
前歯の歯茎の再生

下の前歯の歯茎が回復しました。

歯茎の厚みと高さが十分回復しました。

見た目の改善も非常によく喜ばれました。

出っ歯の場合の歯茎の再生治療

あなたの歯茎の退縮が出っ歯の歯の歯茎の場合、通常より歯茎の再生治療の難易度が高いと思ってください。

出っ歯の方の歯茎が下がってしまった場合、歯の根っこも歯茎から飛び出してしまっているために、歯茎の再生治療が難しいと言われています。

前歯の出っ歯の歯茎の再生治療例

治療前

前歯の歯茎の再生治療
前歯の歯茎の再生治療

前歯2本の歯茎が下がって歯が長く見えています。

前歯の歯茎の再生治療
前歯の歯茎の再生治療

歯茎から歯の根っこが飛び出してしまっています。このケースのように歯の周囲の歯茎がない場合、歯茎の再生治療が通常より難しいことが知られています。

治療後

前歯の歯茎の再生治療
前歯の歯茎の再生治療

歯茎の再生治療後2週の状態。

通常の歯茎の再生治療より大きく歯茎を移動するため、歯茎の腫れが長く続きます。場合によっては、歯茎の移植をもう一度行って歯茎の厚みをさらに増やす必要がある場合もあります。

 

歯茎の再生治療の料金のページ


前歯の歯茎の再生治療のブログ


歯茎の再生治療後の注意

歯茎の再生治療後に歯ブラシをしてしまって歯茎がはがれてしまう方がいらっしゃいます。

 

歯茎の再生治療では糸で歯茎の位置を固定していますので、歯ブラシをすることは避けてください。糸がほつれてしまったり、歯茎が動いて歯茎がちぎれてしまう事もあります。

 

歯間ブラシや糸ようじもしてはいけません。

 

ほっぺたを引っ張って中を覗こうとすることもやめてください。傷口を広げてしまう可能性があります。お口の中の皮膚は体の表面の皮膚より薄く弱いため決して塗った部分の皮膚を引っ張らないようにしてください。

 

糸で縫っている部分はうがいをするだけにしてください。

 

歯茎再生後は1ヶ月間、歯ブラシで歯を磨かずにうがい薬でうがいして頂くようになります。消毒は、薬用効果のある洗口剤をお渡しします。また、消毒にお越しいただいた際にお掃除をいたします。

 

1ヶ月すぎても通常の歯ブラシを使用せずに、柔らかい毛先の歯ブラシで丁寧に磨いて頂きます。

 

歯茎が3ヶ月して固くなった状態でとなった後も固い毛先の歯ブラシでゴシゴシ磨きをしてはいけません。少し柔らかい毛先か、市販されている普通の固さの歯ブラシで丁寧に磨く習慣をつけて頂きます。

 

歯茎がまた下がらないように歯ブラシでゴシゴシ磨かない事が重要になります。

 

歯茎再生に関しましては、下記のリンクページをご覧ください。

 

歯茎再生のページ


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

メモ: * は入力必須項目です

下の前歯の裏側の歯ぐきの再生

あなたの下の前歯の裏の歯茎は大丈夫でしょうか?

 

歯茎の退縮は、場所によっては治療が難しくなります。歯の裏側の歯茎が下がってしまうと比較的治療が難しくなります。歯茎が下がらないように気をつけたほうが良いでしょう。

 

今回は、下の前歯の裏側の歯茎の再生を行ったケースをご紹介いたします。薄い歯茎を厚くし、丈夫にしています。

 


下の前歯の裏の歯茎は下がりやすい!?

下の前歯の歯茎が下がってしまった場合
下の前歯の歯茎が下がってしまった場合

下の前歯の歯茎が下がってしまった場合も歯ぐきの再生治療を行います.

 

下の前歯の裏側の歯茎は、お口の中でも特に骨の厚みが薄い部分です。そのため、歯茎が下がってしまうことがよくあります。

 

お写真の方の下の前歯の歯茎は非常に薄く歯の根っこが歯茎を通して透けて見えてしまうくらい薄い状態です。現状では2ミリほど歯茎が下がってしまっていますが、今後さらに下がってしまうことが予想されます。

 

歯茎の再生治療を行い歯茎の厚みを増すことが歯茎の退縮や骨の吸収を予防します。

下の前歯の歯茎が下がってしまった場合
下の前歯の歯茎が下がってしまった場合

歯茎の厚みが増し,歯茎の位置も回復しました.

 

歯茎の厚見ましたことで、しっかりと歯ブラシでこすっても歯茎が下がりにくくなります。歯の健康のためにはしっかりと歯ブラシのできる環境を作ることも大切です。

 


続きを読む

矯正治療前に歯茎を増やす必要のあるケース

矯正治療を行うと歯茎が下がってしまう場合があります。

 

すでに歯茎が下がり始めてしまっている場合は、矯正治療前に歯茎が下がらないようにしないと、矯正治療後には歯茎が下がってしまって、長い歯になってしまいます。

 

特に成人の方の矯正治療を行う際には歯茎が下がりにくいようにして矯正治療を行うことをお勧めしております。

 

具体的には歯茎の再生治療や増骨矯正法で歯茎の厚みを厚くしてから矯正治療を行います。

 

歯茎が下がってしまっている方の矯正治療

矯正前に歯茎の治療
矯正前に歯茎の治療

矯正治療で歯茎が下がる事がありますので、特に成人の方が矯正治療を行うのでしたら注意する必要があります.

 

お写真の方のように歯茎が下がってしまっている方の歯並びの治療を矯正治療で行う場合,矯正治療を行う事でさらに歯茎が下がってしまう事が予想されます.

 

矯正治療を行う場合,歯並びの悪いところの歯茎が下がってしまっている事があります.歯茎が薄いために歯茎が下がってしまっているケースがあります.

 

こういったケースで矯正治療を行う場合歯茎がさらに下がってしまう可能性が高いため、矯正治療前に歯茎の移植を伴う歯茎の再生治療を行う事で、矯正治療中の歯茎の下がりを予防します.

 

矯正治療をご検討の方,歯茎が下がってしまわないようにしたいのであれば、ご相談ください.ただいま無料カウンセリングを行っております.

 

歯茎の再生のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

0120−25−1839

03−3251−3921


 

~歯茎の再生治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

 

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

 

 

 

リスク

 

 

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

 

 

 

セラミックの歯茎が下がった時に歯ぐきの再生治療で回復させます.

セラミックの歯の歯茎が下がってしまって、セラミックの継ぎ目が露出してしまう事はよくありますが,一般的な歯科医院では治療方法が無いのが現状です.

 

歯茎が下がってしまった時に歯茎を回復させるために行う歯ぐきの再生治療のご紹介です.

 

歯ぐきの再生治療を行う事でセラミックの継ぎ目を見えなくする事が出来る場合もあります.セラミックを交換する場合でも、下がった歯茎を回復させるので元の歯の大きさに回復したセラミックを入れる事が出来ます.

 

セラミックを交換するかしないかはセラミックの適合が悪くなっていないかどうかで判断します。

 

歯ぐきの再生治療はセラミックを長持ちさせるためには重要な治療になって来ています.料金は保険外治療となり高額となりますが,セラミックを歯茎の下がってしまうたびに交換する従来の治療を考えると、割安なのかもしれません.

 

歯ぐきの再生治療は一般的ではないので症例数が豊富な歯科医院にご相談される事をお勧めしております。

 


セラミックの歯茎が下がってしまって継ぎ目が露出してしまったケースの治療

歯茎が下がる
歯茎が下がる

セラミックの付け根の部分の歯茎が下がってしまっています.

こういった場合、歯茎の再生治療で元あった歯茎の位置に歯茎を戻してからセラミックをやり直す方法をとります.

セラミックの不適合が歯茎の下がる原因となっていたようです.

 

 

歯茎の再生
歯茎の再生

歯茎の再生後にセラミックをオールセラミックで作り直しました.

 

歯茎の再生治療のページ

 

歯茎の厚みを増やす事で、歯茎の形を整える事ができます。歯の形を審美的な長さに整えるために、歯茎の再生を行います。歯茎の再生を行う事で、将来的に歯茎が下がってしまう事を予防できますので、前歯の差し歯の見た目も良い状態を保つ事ができます。

 


続きを読む

歯茎の再生の量について

歯茎はどこまで回復しますか?というご質問をよくいただきます。ご参考に。

 

歯ぐきの再生治療に関しましては、下がった歯茎を回復させる治療になります.歯茎の再生量は元の歯茎の位置が限界となります.歯の長さを元々の長さより短くする事は基本的に難しいとお考えください.

 

変色した歯の色の濃い部分を歯茎で完全に覆い隠すといった審美的な治療は難しい場合が多いです.

 


変色した歯の歯茎の再生治療

変色した歯の歯ぐきの再生治療
変色した歯の歯ぐきの再生治療

テトラサイクリンの変色している歯ですが,歯茎が下がってしまい,より色の濃い部分が露出してしまっています.完全に歯茎で歯の変色を覆う事は難しいのですが,歯茎の下がった部分は覆えます.

 

また、歯が少し削れてしまっているため、知覚過敏になる心配もあります.削れてしまっている部分を歯茎で覆います.

 

変色した歯の歯ぐきの再生
変色した歯の歯茎再生

上の歯の歯茎を回復させる再生治療を行いました.

 

歯茎を再生する事で、歯の根っこの黒い部分が少し目立たなくなりました.この治療は変色している部分を覆う治療ではなく、下がった歯茎を回復させる治療となります.

 

歯茎の下がった部分を覆っていますので、ホワイトニングをされても知覚過敏になりにくくなります.

 

また、重要な事ですが,歯茎の再生治療では、下がった歯茎の回復を回復する事ができますが,どこまででも歯の表面を皮膚で覆えるわけではありません。あくまでも元々あった歯茎の位置が回復できる限界となります.

 

歯茎の再生と審美歯科のページ


続きを読む