前歯の歯茎の再生治療例

前歯の歯茎が下がってしまって、見た目が悪いというご相談を受けます。年々歯茎がなくなっていき、歯がどんどん長くなってしまうのを心配されてご来院されます。

前歯の歯茎の再生治療は、単に歯茎を回復させるだけでなく、綺麗な見た目にする必要もあります。歯茎を切った傷が残ってしまうと歯茎の再生治療をした意味も半減してしまいます。

今回は前歯の歯茎の再生治療を綺麗に行う治療例をご紹介いたします。

前歯と八重歯の歯茎の再生治療例

前歯の歯茎の再生
前歯の歯茎の再生

前歯の歯茎が下がってしまっているケース 

前歯の歯茎の再生
前歯の歯茎の再生

治療前

前歯の歯茎の再生
前歯の歯茎の再生

歯茎の再生治療後2週間、下がってしまっていた歯茎の部分に歯茎が覆い露出していた歯の根っこが隠れました。歯茎に傷をつけずに歯茎の再生治療を行うことができました。

前歯の歯茎の再生
前歯の歯茎の再生

再生治療後

歯茎の再生後しっかりと歯ブラシを開始した後の状態ですが、歯茎が引き締まっています。また丈夫ですので、しっかりと歯ブラシをしていただいて大丈夫です。丈夫で綺麗な歯茎を再生することができました。

前歯と八重歯の歯茎の再生治療例

前歯の歯茎の再生治療
前歯の歯茎の再生治療

前歯の及び八重歯とその隣の歯の歯茎が下がってしまってはの長さが長くなってしまっています。こういったケースでも歯茎の再生治療は可能です。

前歯の歯茎の再生
前歯の歯茎の再生

歯茎の再生治療後

前歯はオールセラミックで治療を行っております。前歯の長さが短くなっているのにご注目ください。また、歯茎の再生地利用を行なった部分の歯茎は非常に綺麗な状態で歯茎が回復しております。

下の前歯の歯茎の再生治療例

前歯の歯茎の再生
前歯の歯茎の再生

下の前歯の歯茎が下がってしまっても回復できる場合があります。歯茎が下がって下の前歯が長く見えます。こういった感じに複数の歯茎が下がってしまっても歯茎の再生治療が可能です。

前歯の歯茎の再生
前歯の歯茎の再生

下の前歯の歯茎が回復しました。

歯茎の厚みと高さが十分回復しました。

見た目の改善も非常によく喜ばれました。

出っ歯の場合の歯茎の再生治療

あなたの歯茎の退縮が出っ歯の歯の歯茎の場合、通常より歯茎の再生治療の難易度が高いと思ってください。

出っ歯の方の歯茎が下がってしまった場合、歯の根っこも歯茎から飛び出してしまっているために、歯茎の再生治療が難しいと言われています。

前歯の出っ歯の歯茎の再生治療例

治療前

前歯の歯茎の再生治療
前歯の歯茎の再生治療

前歯2本の歯茎が下がって歯が長く見えています。

前歯の歯茎の再生治療
前歯の歯茎の再生治療

歯茎から歯の根っこが飛び出してしまっています。このケースのように歯の周囲の歯茎がない場合、歯茎の再生治療が通常より難しいことが知られています。

治療後

前歯の歯茎の再生治療
前歯の歯茎の再生治療

歯茎の再生治療後2週の状態。

通常の歯茎の再生治療より大きく歯茎を移動するため、歯茎の腫れが長く続きます。場合によっては、歯茎の移植をもう一度行って歯茎の厚みをさらに増やす必要がある場合もあります。

 

歯茎の再生治療の料金のページ


前歯の歯茎の再生治療のブログ


歯茎の再生治療は何歳まで可能?

年齢とともに歯茎が退縮してしまいます。年齢と共に歯茎が厚くなることはありません。

歯茎の再生治療をしたいけど年齢的に無理かと思われている方には朗報です。

年齢的に歯茎の再生治療ができないことはありません。

例えば、下のお写真の患者様は70歳のご年齢で全部の歯の歯茎の再生治療を行っております。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

全体的に歯茎がかなり下がって歯の根っこが露出してしまっています。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

全部の歯の歯茎の再生治療を2回に分けて行いました。大幅に歯茎を回復させることができました。この方のように70歳でも歯茎の再生治療は可能です。

歯茎の再生治療はインプラント治療より楽な治療です。歳をとってからインプラントを行うより、歯茎の再生治療で歯が悪くならないように予防することをお勧めしております。

詳しくは下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療で歯の予防のページ

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

03-3251-3921


続きを読む

八重歯の歯茎が下がってしまったときの歯茎の再生

あなたの歯並びが八重歯でしたら、歯茎が下がりやすいと思ってください。

 

最近八重歯の長さが長くなったと感じている方は、歯茎が下がってきているでしょう。八重歯がさらに目立つ様になってきてしまいます。

 

今回は、歯茎の下がった犬歯の歯茎の再生治療のご紹介をいたします。


犬歯の歯茎を再生したケース

犬歯の歯茎再生
犬歯の歯茎再生

歯茎が下がり、歯が長くなってしまっています.

感染の無い歯周病が進行した状態です.

このまま放置しておくとさらに歯茎が下がってしまいます.

犬歯の歯茎再生
犬歯の歯茎再生

上の歯の歯茎が再生され、歯の長さが元の位置に戻りました.見た目にもきれいです.

歯茎の厚みもでき、歯茎の退縮も予防できます.



 

犬歯が長くなってしまった方も歯茎の再生でもとの長さに戻すことができます。犬歯が長くて気になる方ご相談ください。特に、矯正治療後に歯茎が長くなってしまった方は、さらに歯茎が下がる前にご相談ください。

 

歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生のページ

 

続きを読む

歯と歯の間の歯茎が下がった時の治療

歯と歯の間の歯茎が下がってしまったばあい、治療してくれる歯科医院が少なく、なかなか見つからないと言われます。

 

また、治すといっても歯を全部削ってオールセラミックという被せ物で隙間を埋める以外の方法を希望される方も多くいらっしゃいます。

 

今回は、歯と歯の間の隙間を歯を削らずに治すダイレクトボンド法をご紹介いたします。

ダイレクトボンド法とは?

マウスピースで矯正治療を行っていた後に歯茎が下がってきてしまったということです。

歯茎のボリュームを回復させるために歯茎の再生治療を行い、歯と歯の間の隙間はダイレクトボンド法という方法で歯を削らずに詰め物で埋めます。

治療後1年目の状態。

歯茎の厚みは維持されており、また歯と歯の間の隙間も良好に経過しています。

 

歯と歯の間の治療のページ


~審美歯科の注意~

 

ダイレクトボンド法で歯と歯の間の詰め物を詰める場合など、審美歯科に関しましては、保険外診療となります。

 

料金は¥33、000ー(税込)かかります。

 

 

色の種類は豊富ですので通常より歯の色を再現しやすいのですが、完全にはの色と一致するわけでありません。

続きを読む

歯周病は再発する可能性があります。

歯周病は細菌の感染症ですので、細菌を取り除くと炎症は落ち着きます。

 

しかし、お掃除がしにくい場合は歯周病が再発しますし、進行した歯周病では歯茎の中の歯石を取ること自体が難しかったりします。

 

歯周病治療をするうえで歯周病治療後の長期安定の障害となる要素を解消することが重要です。

 

その要素とは、

•深い歯周ポケットがある

•歯石を取りにくい歯の根っこの形をしている

•骨の吸収が垂直的な部分がある

•歯茎の厚みの不足している

•歯並びの不良で重なっている

•深い虫歯がある

 

などのことが挙げられます。

これら、歯周病の安定を阻害する要素を解消していくことで、歯周病治療を何度も繰り返さなくて済むようになります

 

歯茎の再生治療は、炎症のない歯茎を増やす方法です。歯周病の感染がある場合はまずは歯周病治療を行い、再発のない状態になってから歯茎の再生治療を行います。

歯ぐきの再生治療に関しまして治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

部分的に歯茎の再生治療を始めることもできます。

全体的に歯茎が下がり始めてしまった場合、全部の治療をすることが良いのですが、時間も費用もかかりますので、まずはきになる部分あるいは悪い部分から歯茎の再生治療を進めることも可能です。

 

全体的に歯茎が下がってしまっています
全体的に歯茎が下がってしまっています

全体的に歯茎が下がってしまっていますが、今一番気なる部分を試しに歯茎の再生治療を行ってみたいということで、上の犬歯の歯茎の再生治療を行いました。

 

犬歯の歯茎が再生しています。
犬歯の歯茎が再生しています。

犬歯の歯茎が再生しています。

1回やってみて、問題なければ他の部分も治療していきたいという方もいらっしゃいます。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。